往年の名作人形劇を再放送 「人形歴史スペクタクル 平家物語」 NHK総合で8月9日から

1993年から95年にかけてNHKで放送された名作人形劇「人形歴史スペクタクル 平家物語」が8月9日(火)から再放送されます。

1972年のNHK大河ドラマの原作にもなった吉川英治の「新・平家物語」を人形劇化。源平動乱の渦中で繰り広げられる人間ドラマを、日本を代表する人形美術家、川本喜八郎(1925-2010)の手で映像化した本格的な内容で、人気を集めました。

人形劇では初となる総合午後8時台の放送で、月曜日から木曜日帯の20分番組。予算も大河ドラマ並みで、登場した人形は400体超、舞台となる御所・内裏・貴族の屋敷などを本物の竹や草花を使って再現しました。
キャストも豪華で、風間杜夫、紺野美沙子、石橋蓮司、森本レオらが声で出演しました。
全5部・56話のうち、今回は第一部「青雲」、第二部「栄華」の計24話が放送されます。清盛の死までが描かれます。放送日程は以下の通り。
★第一部「青雲」(全12話):8月9日(火)~14日(日)午前4時20分~

★第二部「栄華」(全12話):8月16日(火)~21日(日)午前4時20分~
番組ホームページ(https://www.nhk.jp/p/ts/EX4WZMVLPW/
今年は大河ドラマ「鎌倉殿の13人」やアニメ「平家物語」などで源平合戦や平氏に注目が集まっています。往年の名作で、改めてこの時代の歴史群像が織りなすドラマを味わってみてはいかがでしょう。
(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

新着情報をもっと見る