「日本美術をひも解くー皇室、美の玉手箱」徹底ガイド! 若冲「動植綵絵」はいつ?音声ガイドはだれ?

皇室に伝えられた品々を収蔵する宮内庁三の丸尚蔵館の優品で日本美術を分かりやすく紹介する特別展「日本美術をひも解くー皇室、美の玉手箱」が8月6日から9月25日まで東京藝術大学大学美術館(東京・上野)で開催されています。この「皇室、美の玉手箱」展を美術展ナビでは徹底ガイド中!(新しい記事や情報が入り次第、更新します)

<目次>
・展覧会のスケジュール
・展示のみどころ
・動植綵絵はいつ見られる?主な出展作品のスケジュール
・グッズはどんなものがある?
・音声ガイドは誰?
・チケット料金について
・会場までのアクセス
・公式サイト、SNSは?

・展覧会のスケジュール
会期:2022年8月6日(土)~9月25日(日)
休館日:月曜日(ただし、9月19日(祝)は開館)
開館時間:午前10時~午後5時

・展示のみどころ
宮内庁三の丸尚蔵館が収蔵する皇室の珠玉の名宝に、東京藝術大学のコレクションを加えた多種多様な82件が展示されます。

会場の雰囲気がわかる開幕(内覧会)記事です。


開催前の記者発表会の記事です。


鮫島圭代の「この名画を見に、ミュージアムへ! 」では狩野永徳の「唐獅子図屏風」を詳細に紹介!


・動植綵絵はいつ見られる? 主な出展作品のスケジュール
2021年に三の丸尚蔵館の収蔵品として初めて国宝に指定された以下の5作品が公開されます。

「春日権現験記絵」 通期展示 8月6日(土)~9月25日(日)
「蒙古襲来絵詞」 通期展示 8月6日(土)~9月25日(日)
狩野永徳「唐獅子図屏風」前期展示① 8月6日(土)~8月28日(日)
伊藤若冲「動植綵絵」後期展示① 8月30日(火)~9月25日(日)
小野道風「屏風土代」後期展示② 8月30日(火)~9月25日(日)

東京藝大が収蔵する国宝「絵因果経」(通期)も展示されます。

会期中、作品の展示替えおよび巻替えがあります。
前期展示①:8月6日(土)~8月28日(日)/前期展示②:8月6日(土)~9月4日(日)
後期展示①:8月30日(火)~9月25日(日)/後期展示②:9月6日(火)~9月25日(日)


・グッズはどんなものがある?
公式図録(2,500円)
目玉の唐獅子図屏風や動植綵絵などをモチーフにしたオリジナルグッズやコラボグッズが豊富です。下は実際に購入したグッズ開封記事です。

・音声ガイドは誰?
声優の置鮎龍太郎さんです。


・チケット料金について
一般 2,000円 高・大学生 1,200円
日時予約不要
チケットは美術展ナビチケットアプリや、各種プレイガイドで。美術展ナビチケットアプリなら手数料無料です。


・会場までのアクセス
東京藝術大学大学美術館は、上野公園にある東京藝術大学のキャンパス内にあります。
JR上野駅(公園口)、千代田線根津駅から徒歩10分。

・公式サイト、SNSは?
公式サイトは
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tamatebako2022

公式SNSはツイッターインスタグラムがあります。

美術展ナビの読者に招待券プレゼント 応募締め切り8月15日(月)


(読売新聞デジタルコンテンツ部)

新着情報をもっと見る