【プレビュー】近代京都画壇の巨匠、代表作揃う 「没後80年記念 竹内栖鳳」展 山種美術館で10月6日開幕 《班猫》を撮れます!

竹内栖鳳 《班猫》【重要文化財】1924(大正13)年 絹本・彩色 山種美術館

近代京都画壇を代表する巨匠、竹内栖鳳(1864-1942)の没後80年を記念した特別展です。動物画の傑作《班猫》【重要文化財】をはじめ、東京国立博物館所蔵の《松虎》(前期展示)など代表作の数々を紹介します。猫ならではの柔らかな毛並みや、しなやかな動きを見事にとらえ、人気の高い《班猫》は今展では特別に写真撮影ができます。「動物を描けばその体臭まで描ける」と語ったという栖鳳。その言葉通りの魅力あふれる動物画や風景画などが楽しめます。

竹内栖鳳 《松虎》 1897(明治30)年頃 絹本・彩色 東京国立博物館 [前期展示10/6-11/6] Image:TNM Image Archives
竹内栖鳳 《潮来小暑》 1930(昭和5)年 絹本・彩色 山種美術館
竹内栖鳳 《みゝづく》 1933(昭和8)年頃 絹本・彩色 山種美術館

江戸時代以来の円山・四条派の伝統を引き継ぎ、30歳代で京都画壇を代表する存在に。その後、1900年のパリ万博視察で大きな刺激を受けた栖鳳は、西洋絵画の技法を取り入れ、独自の画風を確立。近代日本画に革新をもたらしました。今回は同館所蔵の栖鳳作品全26点をはじめ、個人蔵の初公開作品も出展され、新しい栖鳳の魅力を発見することもできそうです。

【初公開】竹内栖鳳 《海幸》 昭和初期 絹本・彩色 個人蔵
竹内栖鳳 《双鶴》 1912-42年頃(大正-昭和時代) 絹本・彩色 山種美術館
竹内栖鳳 《鴨雛》 1937(昭和12)年頃 絹本・彩色 山種美術館

また京都画壇の先人たち、同時代に活躍した都路華香、山元春挙のほか、栖鳳の門下である西村五雲、土田麦僊、小野竹喬らの作品も合わせて紹介。栖鳳の特質やその時代性を俯瞰的にとらえます。

伝 長沢芦雪 《唐子遊び図》【重要美術品】18世紀(江戸時代) 絹本・彩色 山種美術館
都路華香 《萬相亭》 1921(大正10)年    絹本・彩色 山種美術館
山元春挙 《曠原放牧図》 1916(大正5)年頃 絹本・彩色       山種美術館
西村五雲 《白熊》 1907(明治40)年 絹本・彩色 山種美術館
西山翠嶂 《狗子》 1957(昭和32)年 絹本・彩色 山種美術館

さらに弟子のひとり、村上華岳の名作、《裸婦図》【重要文化財】を特別に公開します。

村上華岳 《裸婦図》【重要文化財】1920(大正9)年 絹本・彩色 山種美術館

栖鳳をはじめ、江戸時代から近代・現代に至るまで傑出した才能を生み出し続ける京都画壇。その粋を楽しめる展覧会です。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

【特別展】 没後80年記念 竹内栖鳳

  • 会期

    2022年10月6日(木)12月4日(日) ※会期中、一部展示替えあり。前期10月6日(木)-11月6日(日)、後期11月8日(火)-12月4日(日)
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円、大学生・高校生1000円、中学生以下無料(付添者の同伴が必要です)

  • 休館日

    月曜日 (10月10日(月)は開館、10月11日(火)は休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 (入館は16:30まで)※今後の状況により会期・開館時間等は変更する場合があります。
  • お問い合わせ

  • アクセス

    JR・東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅より徒歩約10分
    恵比寿駅西口前より都バス(学06 日赤医療センター前行)広尾高校前下車、徒歩1分
    渋谷駅東口ターミナル54番乗り場より都バス(学03 日赤医療センター前行)東4丁目下車、徒歩2分
  • カレンダーへ登録

新着情報をもっと見る