【開幕】「Mozu アートワーク ーちいさなひみつのせかいー」大丸東京店で8月9日まで 水越清貴のリアルなミニチュアの世界を生で

こびとシリーズ ©MOZU STUDIOS

ミニチュア「こびとシリーズ」で知られるアーティストMozuこと水越清貴さんの展覧会「Mozu アートワーク ーちいさなひみつのせかいー」が7月22日(金)から8月9日(火)まで大丸東京店(東京駅)で開催されます。開幕前日の内覧会を取材しました。「生で見るともっと面白い」とご本人が話すとおりの体感型の展覧会です。

こびとシリーズ©MOZU STUDIOS

水越さんは現在24歳。ミニチュア、コマ撮りアニメ、トリックラクガキの3つの分野をメインにさまざまな創作活動をしています。ミニチュアの制作期間は平均2、3か月ほど。下の写真は高校3年のときに1年かけて作ったミニチュア「教室」。過去一番時間がかかった大作です。

実際に通っていた高校の教室を再現した「教室」と水越さん ©MOZU STUDIOS

ミニチュアを作るのが楽しくてしょうがないという水越さんでも、実は制作時間の8割くらいはつらく、投げ出したくなっている時間だそうです。それを乗り越えて完成したものをSNSで公開したときに寄せられる感想を読むのが一番楽しい瞬間。全国巡回している本展を見に来た人が寄せてくれた感想はなおさら格別だとか。展覧会を訪れたらハッシュタグ #Mozu展 をつけてぜひSNSに投稿をしてみてください。作品の多くは一部をのぞいて撮影可です。

ペットボトルの公衆電話©MOZU STUDIOS
トリックラクガキ©MOZU STUDIOS

夏休みに見に来たお子さんがミニチュアを作りたくなったら?と質問をしたところ、「一番大事なのは完璧に作ることではありません。まず、自分が好きなものを見つけてください。好きなものを楽しんで作るのが一番の秘訣です」と話していました。

会場入り口でポーズをとる水越さん
「Mozu アートワーク ーちいさなひみつのせかいー」
会期:2022年7月22日(金)~8月9日(火)
会場:大丸東京店11階催事場
入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
*最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料:一般1,300円 高・大学生900円 小・中学生700円 未就学児童無料
【7月22日(金)~24日(日)の全日】
【7月25日(月)~8月9日(火)の午前10時から午後1時まで】
の入場はすべて日時指定券となります。ローソンチケットで販売。
※詳細は展覧会公式ホームページ

新着情報をもっと見る