国内最大級の書の公募展「第38回読売書法展」が8月に東京展で開幕 京都、福山、札幌、高松、山形、名古屋、福岡でも

国内最大級の書の公募展「第38回読売書法展」が8月に六本木と上野で始まります。「読売大賞」などの入賞・入選作品が、書壇最高峰の書家の新作とともに公開されます。東京展の後は京都、福山、札幌、高松、山形、名古屋、福岡に巡回します。

◇東京展
【第1会場】 国立新美術館(東京・六本木) 会期:8月26日(金)~9月4日(日)※30日(火)休館
【第2会場】 東京都美術館(東京都台東区) 会期:8月23日(火)~29日(月)
観覧料 一般・大学生600円(両会場入場可)高校生以下無料
問い合わせは ハローダイヤル050-5541-8600
詳しくは読売書法会の公式ページの読売書法展のページ(https://yomiuri-shohokai.com/shohoten.html)で
◇関西展
京都市京セラ美術館、京都市勧業館「みやこめっせ」
会期:9月7日(水)~11日(日)
◇中国展
広島県立ふくやま産業交流館「ビッグ・ローズ」
9月23日(金・祝)~25日(日)
◇北海道展
札幌市民ギャラリー
10月5日(水)~9日(日)
◇四国展
サンメッセ香川
10月14日(金)~16日(日)
◇東北展
山形美術館、山形県芸文美術館
10月26日(水)~30日(日)
◇中部展
愛知県美術館ギャラリー、愛知県産業労働センター「ウインクあいち」
11月22日(火)~27日(日)
◇九州展
福岡国際センター
12月9日(金)~11日(日)

(読売新聞デジタルコンテンツ部)

新着情報をもっと見る