注目の12展覧会のミュージアムグッズをまとめて紹介!【7月開催】

美術館や博物館は作品を鑑賞するだけでなく、個性あふれるミュージアムグッズを購入することも楽しみの一つです。7月に開催の展覧会のグッズを紹介した記事をまとめました。(すでに売り切れなど販売されていない場合もあります)

1「もしも猫」展(名古屋市博物館)

浮世絵で擬人化されたかわいい猫たちが躍動する「もしも猫」展が7月2日に開幕。グッズもバラエティに富んでいます。

2「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」展(横須賀美術館)

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で注目の三浦一族(史実では和田義盛も三浦一族です)。運慶のファンはもちろん、三浦一族ファンにはたまらないグッズが並びます。

3「ルートヴィヒ美術館展」(国立新美術館)

6月29日から国立新美術館で始まった「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡—市民が創った珠玉のコレクション」。グッズはおしゃれなものが多かったです。

4「自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」(国立西洋美術館)

国立西洋美術館で9月11日まで開催の「自然と人のダイアローグ」。グッズを買えば、いつでも名作や自然と対話ができそうです。自然がテーマだからでしょうか、下の記事で紹介したもの以外にも、外歩きやキャンプなどのときにも使えそうなグッズがありました。

5「ゲルハルト・リヒター展」(東京国立近代美術館)

現代美術を代表する作家の大規模展「ゲルハルト・リヒター展」が東京国立近代美術館で10月2日まで開催されています。ショップのグッズは、リヒターの作品を取り入れたものと、リヒター展のロゴがモチーフのものの大きく2種類あります。リヒターのグッズはこれまでほとんど無かったそうです。

6「ヨシタケシンスケ展かもしれない」(市立伊丹ミュージアム)

7月15日から兵庫の市立伊丹ミュージアムで始まる「ヨシタケシンスケ展かもしれない」はグッズも抱腹絶倒です。


9月に広島、12月に名古屋に巡回します。

7「兵馬俑展」(静岡県立美術館)

8月28日まで静岡県立美術館で開催の「兵馬俑展」は、グッズのおしゃれさが京都展から話題でした。このあと、名古屋、東京にも巡回します。

8「琉球展」(九州国立博物館)

特別展「琉球」は7月16日から九州国立博物館で開催。充実の展示内容に加えて、オリジナルグッズも魅力的なものがそろっています。

9「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」(神戸市立博物館)

神戸市立博物館で7月16日から開催の「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」は、グッズもグレイツ。北九州にも巡回します。

10「宝石展」(名古屋市科学館)

特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」が7月9日から名古屋市科学館で開催されています。グッズもきらびやかなものがずらり。

11「ポンペイ」展(宮城県美術館)

特別展「ポンペイ」は宮城県美術館で7月16日から。黒い炭化パンのグッズ(クッション)がSNSで大きな話題になりました。10月12日から九州国立博物館に巡回します。

12「フェルメール展」(大阪市立美術館)

東京、北海道に続き、7月16日から「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」が大阪市立美術館で開催されます。オランダなグッズも注目です。

(読売新聞美術展ナビ編集班)

新着情報をもっと見る