東京国立博物館、7月20日~24日は無料開館日 創立150周年を記念 24日はグランドキッズデー

東京国立博物館(上野公園)は、創立150周年を記念して7月20日(水)から24日(日)の5日間を無料開館日とし、総合文化展が無料で観覧できます。有料展示、有料イベント等は別途料金が必要です。総合文化展は、おもに同館の収蔵品、寄託品を展示。日本およびアジアの美術や考古など様々な文化財を5つの展示館で公開し、展示総数は常時約3000件にのぼります。

また、7月24日(日)は、「グランドキッズデー」として親子でトーハクを楽しめるよう、子供むけの様々なイベントや飲食・休憩ができるスペースを用意。本年度、同館では毎月第4日曜日を「月イチ!トーハクキッズデー」としており、7月は特にイベントを増やして展開します。

【主なイベント・サービス】対象=0歳~中学生とその保護者(小・中学生だけの参加可)詳しくは東京国立博物館創立150周年記念特設サイトの下記ページ(https://www.tnm.jp/150th/project/202204/event_kidsday.html)をご覧ください。

●紙芝居『ぶんぶくちゃがま』

場所:本館4階、時間:10時30分~、12時~、14時~、15時30分~(各回約30分) 展示中の作品に関連した昔話の読み聞かせを、展示室内で行います。昔話を聞きながら作品を見ることで、作品がぐっと身近になり、物語もより深く楽しめます。

●さわってみよう!考古ハンズオン

場所:平成館考古展示室前、時間:10時~16時45分 考古展示室で人気を博したハンズオンコーナーが、キッズデー限定で復活します。犬の埴輪の立体パズルを通して埴輪の作り方を学んだり、レプリカの小判で昔のお金の重さを感じたりできます。

●みんなでつくる記念チケット・お絵描きコーナー

場所:本館19室、時間:10時~17時(受付終了:16時30分) 同館の所蔵品の中から、お気に入りの作品を選んで絵に描くコーナーです。出来上がった絵は、ぜひ館内の専用ポストに応募してください。応募作品から150点を選出し、「記念チケット」にデザインします。

●うるし体験ペーパークラフトプリントサービス

●学校版トーハクなび貸出

●コロタイプ印刷ワークショップ(協力:株式会社便利堂)

●トーハク笑楽座公演

●トーハク来館記念アルバム&トーハクコレクションカード配布

●キッズスペース開設 ほか

※このほか、TNM&TOPPAN  ミュージアムシアター、ミュージアムショップ、ホテルオークラレストランゆりの木、キッチンカーでもお子様向けのサービスを用意しています。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

新着情報をもっと見る