【開幕】印象派の世界に没入体験 「Immersive Museum(イマーシブ ミュージアム)」 日本橋三井ホール 10月29日まで

Immersive Museum (イマーシブ ミュージアム)
会場:日本橋三井ホール(東京都中央区室町2-2-1、コレド室町1  5F)
会期:2022年7月8日(金)~2022年10月29日(土)
時間:10:00~21:00(20:20 最終入場)
アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅直結、東京メトロ「日本橋」駅から徒歩7分、JR「東京」駅 日本橋口から徒歩9分
チケット:大人(18歳以上)2,500円、中学生・高校生・専門学校生・大学生1,500円、小学生以下無料
詳しくは公式サイトへ。

芸術作品の世界をリアルに

7月8日(金)から東京都中央区の日本橋三井ホールで始まった「Immersive Museum」。印象派の芸術作品の世界をリアルに蘇らせる没入体験型ミュージアムです。前日に行われたプレス内覧会に伺いました。

高さ6メートル、広さ700平方㍍の大空間に、モネやドガ、ルノワール、モリゾらの名作が次々と映し出されます。360度囲まれ、作品が見ている私たちの身体に流れ込んでくるようです。

作品全体を映すだけでなく、印象派の特徴である鮮やかな絵の具を分割し、モチーフを再構成して作品の制作過程を追体験するようなパートもあり、想像力をかき立てられます。

約30分の映像作品で、およそ70作品が登場。印象派が好きな方はもちろん、ふだんあまり絵を見ない方でも十分に楽しめます。小学生以下は無料です。

開催概要などは以下↓をご覧ください。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

合わせて読みたい

新着情報をもっと見る