【グッズ開封】三浦義村と和田義盛のおじいちゃんがトートに!「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」展(横須賀美術館)

7月6日から横須賀美術館で始まった「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」展。会場では神奈川・横須賀市内のお寺に伝わってきた運慶の仏像などが並びますが、所蔵するそれぞれのお寺は全国的な知名度はそれほど高くないので、グッズの豊富さは予想外の驚きでした。いくつかを購入してきました。

9点、計4,400円分、いざ開封!

満願寺イラストクリアファイル 440円 ステッカー 330円

こちらの満願寺の地蔵菩薩立像と観音菩薩立像は、国の重要文化財で慶派の仏像とはされながらも、運慶が手がけたとまではあまり見られてきませんでした。しかし、本展の図録などで、源頼朝が功労者の三浦義明の供養のために運慶一門に発注したとの説が浮上し、展覧会の目玉にもなっています。仏像イラストレーターの田中ひろみさんのイラストです。クリアファイルには展覧会名の「三浦一族」が、ステッカーには「MiuraClan」と英語で書かれています。

満昌寺オリジナルトートバッグ 1,210円

三浦一族ファンには分かるかもしれません。重要文化財「三浦義明坐像」(満昌寺蔵)がモチーフです。三浦義明は、三浦義村と和田義盛の祖父で、源頼朝が挙兵した初戦のひとつである衣笠城合戦で戦死しました。鎌倉幕府創始の功労者として、神格化されました。上の満願寺と名前は似ていますが、こちらは満昌寺です。

浄楽寺 毘沙門天 仏像写真 880円

本展のポスターや図録の表紙などにも採用されているのが、浄楽寺の運慶作の重要文化財「毘沙門天立像」です。目のチカラが写真でもすごいです。実物はさらに迫力がありました。

右はポストカード

浄楽寺 和田義盛特別朱印 550円

毘沙門天立像などを発願したのは、和田義盛とその妻ということで、和田義盛の特別朱印がありました。大河ドラマで注目を集める和田夫妻です。

ポストカード(小) 各165円

毘沙門天と並ぶのが、こちらも運慶作の「不動明王立像」(浄楽寺)。ポストカードをそれぞれ購入して、展示を”再現”してみました!

浄楽寺 不動明王マグネット 440円

冷蔵庫に貼れるおなじみグッズ。これでメモを貼っておけば、ぜったいに忘れないような気がします。

浄楽寺 A5クリアファイル 220円

毘沙門天と不動明王以外の本展には出展されていない3体を含む運慶作の全5体の仏像がデザインされている小さめのクリアファイルです。チケットや御朱印を入れるのにぴったりのサイズです。

全部で9点、計4400円でした。

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

 

新着情報をもっと見る