【新オープン】栃木市立文学館が開館!1921年建築の旧役場を利用した大正レトロな空間

北関東の商都として豊かな歴史を有する栃木県栃木市。中心街には古い見世蔵や洋館が数多く点在しており、景色を愛でつつのんびり散策するのがとても楽しい観光地です。そんな栃木市に2022年4月、県内初の公立文学館である栃木市立文学館がオープン!100年前の面影を求めて、同じ県の宇都宮市に住む私がカメラ片手に同館をたずねました。(ライター・佐藤拓夫)

栃木県内第1号の公立文学館

郷土ゆかりの文人を紹介する文学館。全国文学館協議会によると、国内には600を超える大小さまざまな文学館があるそうです。これほど多くの文学館が存在するのは、単に日本人が文学好きだからというだけでなく、文学館を観光資源として地域活性化に活用せんとするまちづくりの意図もあるように思います。

栃木県も例外ではなく、私的な文学館や作家を顕彰する記念館はすでにいくつかありますが、自治体が設立・運営する公立で名称に「文学館」と付けているのは、この栃木市立文学館が第1号です。

大正時代に建てられた町役場の建物をリフォーム&リノベーション

 

北側から見た文学館全景。青磁のような青みがかったグリーンが美しい

栃木市立文学館の建物は、2014年まで現役で活躍した旧栃木町役場を改装したものです。1921年(大正10年)に建設された木造2階建の塔屋付き洋風建築は、歴史的景観を表現した建築として高く評価され、1989年に国の登録有形文化財に、2017年には市の有形文化財に指定されました。

建築当時の設計やデザインをできるだけ再現するだけでなく、耐震性能やバリアフリーといった現代建築としての機能にも十分配慮しているのが特徴です。

周到なリフォーム&リノベーションにより、百年前の姿を現代に蘇らせるだけでなく、次の百年後まで市民に愛される建築として再生した栃木市立文学館。文学ファンはもちろん、建築マニアや日本の近代遺産に関心のある方も、ぜひ現地での鑑賞をおすすめします。眼福のひとときが待っていますよ。

2階部分のハーフティンバー様式が印象的。柱や梁といった構造の一部が壁と一体となり、外観を装飾する効果がある

文学館のメインエントランスは建物の西側にあります。バリアフリー完備なので車椅子の方でも安心です。足腰に問題のない方は、北側にある正面玄関からの入館をおすすめします。旧庁舎時代の外観を忠実に再現した大正モダンなデザインをたっぷり楽しんでください。

バリアフリー対応された建物西側にあるメインエントランス
旧役場当時の入り口だった北側にある正面玄関

静謐な空間で学ぶ郷土の先人・文人の歴史

1階フロア全景

1階フロアには、どこか懐かしさを感じさせる落ち着いた色彩と高い天井が印象的な空間が広がっています。ここは栃木町役場の事務室として使われていた場所です。建築当時の設計書や部材を保存展示するコーナー、市出身で日立製作所の創業者である小平浪平をはじめとする郷土の先人を紹介する常設展示、来館者のための休憩スペースなどがあります。

旧庁舎建築当時の資料を紹介するコーナー
1階フロアの外周には、ほの暗く雰囲気たっぷりな回廊が

2階には大小2つの展示フロアがあり、大きいフロア(展示室)では常設展を開催しています。メインは、栃木市と特にゆかりの深い3人の作家、山本有三、吉屋信子、柴田トヨが実際に使っていた私物や自筆原稿などの展示です。作家が生前に使っていた机や椅子をじっくり眺めていると、カリカリとペンを動かす作家の姿がまぶたに浮かんでくるようでした。

常設展開催中の2階展示室は、控えめな照明が心地よい温もりのある空間

2階展示室は旧栃木町議会の議場として使われていました。当時の写真を見ると、現在の展示室にそのまま受け継がれている八角形の天井が確認できますね。細部の意匠に目をこらして往時の姿を想像するのも、この文学館の楽しみ方の一つでしょう。

昭和12年3月10日に撮影された栃木町議会の様子(出典『目で見る栃木市史』p434)

2階にあるもう一つのフロア(多目的室)は、貴賓室として使われていた場所を、企画展や講座を行うスペースとして改装しました。現在は開館記念特別展「有三・信子・トヨの育った時代」が9月25日まで開催中です(観覧料330円、中学生以下無料)。

山本有三、吉屋信子、柴田トヨは、いずれも明治の中後期にかけて栃木市で生まれ育ち、ほとんど同時代をこの街で過ごしました。本展では、当時の街並みや現在も残るスポットを紹介し、3人の作家たちと栃木市のゆかりを明らかにしています。

特別展開催中の多目的室

舟運で栄えた蔵のある街が魅力的に

日光例幣使街道の宿場町だった栃木市には、豊かな歴史をうかがわせる景観があちこちに点在しています。せっかくの栃木市探訪ですから、文学館の周辺にも足を延ばしてみましょう。

文学館近くを流れる巴波川

文学館のほど近くには巴波うずま川が流れており、川沿いには遊歩道が整備されています。

栃木市は巴波川の舟運で大きく栄えた街です。麻や木材で財を成した豪商の屋敷がいまも川沿いに残されており、散策を楽しむ私たちの目を潤してくれます。

歴史的景観を意識したまちづくりは、栃木市中心部を貫くメインストリートでも感じることができます。官民協働で電線地中化やアーケード撤去を実施。それまで目立たなかった「見世蔵」の全容をオープンにしたことで、歩いて楽しい「蔵のあるまちづくり」を実現しました。

古い洋館と見世蔵が隣り合う街並みは栃木市ならでは
どっしりと根を生やすかのように堂々たる見世蔵
電線地中化とアーケード撤去で歩道が明るく広くなり、見世蔵の景観に品格が生まれた

関東で蔵の街と言えば千葉県佐原や埼玉県川越が有名ですが、ここ栃木市も本当におすすめです。文学館を訪ねた折は、たっぷり時間をかけて街並み散策を楽しんではいかがでしょうか。

巴波川沿いの茶屋で一服どうぞ

11月には栃木市立美術館も開館

2022年11月には文学館の目の前に栃木市立美術館が開館します。洋風の文学館とは対照的な「蔵」をモチーフにした建築です。洋と和で対をなす公共空間として注目を集めることでしょう。この街を旅したくなる理由がまた一つ増えますね。

11月開館予定の栃木市立美術館。建物の外観は「蔵」がモチーフ
栃木市立文学館
住所:栃木県栃木市入舟町7-31
開館時間:午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、火曜日休館)、祝日の翌日(祝日の翌日が土曜・日曜・祝日の場合は開館)、年末年始(12月29日〜1月3日)、展示替えのための整理期間
観覧料【常設展】一般220円、中学生以下は無料 【企画展】展覧会により異なる 中学生以下は無料
館内は一部を除き原則撮影禁止です
詳しくは館のホームページ:https://www.city.tochigi.lg.jp/site/museum-tclm/

2022年の開館やリニューアルオープンの全国の美術館などをまとめました

新着情報をもっと見る