新たな現代アートの国際アートフェア「Tokyo Gendai」が2023年7月に横浜で開催

新たな国際アートフェア「Tokyo Gendai」が2023年7月に、横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)で開催されることが決まりました。世界各地でアートフェアを開催してきた「The Art Assembly」のプロデュースによるもので、世界各地から100か所のギャラリーが集まり、有名なアーティストの作品から、NFTをはじめとする最新のデジタルメディア作品まで、多種多様な現代アートが紹介される予定です。

国内外の主要なギャラリーが集結する「Galleries」、新人または中堅の1~2人のアーティストの作品を展示する「Hana(花)」、著名な、または歴史的に重要なアーティスト1~2人、もしくはアジア出身のアーティストに重点を置いた展示が予定されている「Eda(枝)」、NFTやアニメーション、AR、VRなどデジタルメディアを中心とした「Tane(種)」の4つのセクションで構成されます。

フェアディレクターは、Google Arts & Cultureの日本の担当を4年間担当した経験を持つEri Takane氏が務めます。

Eri Takane氏

2023年7月7日(金)~9日(日)(7月6日はVIPプレビュー)に、横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜、横浜市西区みなとみらい1-1-1)で。公式ウェブサイトはこちら

(読売新聞デジタルコンテンツ部)

新着情報をもっと見る