【開幕】「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」 国立新美術館で9月26日まで

「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)
会期:2022年6月29日(水)~9月26日(月)
開館時間:10:00~18:00 金・土は20:00まで*入場は閉館の30分前まで
休館日:火曜日
観覧料:一般2,000円 大学生1,200円 高校生800円 中学生以下無料
アクセス:東京メトロ千代田線乃木坂駅から直結、日比谷線六本木駅から徒歩約5分、都営地下鉄大江戸線六本木駅から徒歩約4分
※詳しくは公式HP(https://ludwig.exhn.jp/)。問い合わせはハローダイヤル050-5541-8600

開幕前日の内覧会を取材しました


「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」が国立新美術館で6月29日に開幕します。内覧会を取材しました。ピカソ、ウォーホル、リキテンスタインなど20世紀を代表する作家たちの作品がずらり!見応えがあります。

右:ワシリー・カンディンスキー《白いストローク》1920年 左:パウル・アドルフ・ゼーハウス《山岳の町》1915年

第2章の会場風景
カジミール・マレーヴィチ《スプレムス 38番》1916年
ジャクソン・ポロック《黒と白 No.15》1951年
モーリス・ルイス《夜明けの柱》1961年

グッズも豊富

オリジナルグッズやコラボグッズがおしゃれなものも多く種類も豊富でした。後日、グッズ開封記事で紹介します。

音声ガイドはトラウデン直美さんです。

新着情報をもっと見る