【次回の日曜美術館】「現代の超絶技巧」 Eテレ 7月3日放送

一刻 <手に筆> 木彫家・前原冬樹 作

【次回のEテレ・日曜美術館】
「現代の超絶技巧」
放送時間:7月3日(日) 午前9:00~9:45

番組ホームページ

水を注ぐと花が開く仕掛けの竹の彫刻。鉄の一枚板から打ち出されたひょうたん。次々と新しいものが生まれては消えていく現代にあって、超絶技巧の持ち主たちは、正面からモノと向き合い、しっかりと見る。

蛇はどうやってグネグネと動き、鳥はどうやって飛翔するのか、一つの形を生み出すための作業は解剖学であり生物学であり数学でもある。彼らのモノに対する眼差しと精緻な技の世界のドキュメント。

環 鍛鐵一枚絞り『南瓜』 鍛金家・本郷真也 作
木彫家・大竹亮峯による「鹿子伊勢海老」
一本の頬の木から彫り出された前原冬樹の一刻 <タイルに兎林檎>

(読売新聞デジタルコンテンツ部)

新着情報をもっと見る