【プレビュー】中将姫とは誰? 特別展「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」奈良国立博物館で7月16日から

重要文化財 當麻曼荼羅(貞享本)たいままんだら じょうきょうぼん 江戸時代 貞享3年(1686)奈良・當麻寺

貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」
会場:奈良国立博物館 西新館
会期:2022年7月16日(土)~8月28日(日)
開館時間:午前9時30分~午後6時(毎週土曜日は午後7時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(※7月18日(月・祝)・8月15日(月)は開館)、7月19日(火)
観覧料: 一般 1,600円(1,400円)、高大学生 1,000円(800円)、小中生500円(300円)*()は前売り
詳しくは奈良博のHPへ。

「皆さんは、中将姫ちゅうじょうひめをご存じですか?」

2022年7月16日から奈良国立博物館で開幕する貞享本當麻曼荼羅じょうきょうぼんたいままんだら修理完成記念特別展「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」の記者会見は、同館の井上洋一館長のこの問いかけから始まりました。

一夜にして蓮華の糸で曼荼羅を織りあげ、女人として生身のまま極楽往生(女人往生)したという不思議な伝承が残る奈良時代の女性「中将姫」。彼女が織りあげ、約1250年前に現れた“奇跡の曼荼羅”として伝わる霊宝が當麻寺たいまでら(奈良県葛城市當麻)のご本尊であり、根本像である国宝「綴織當麻曼荼羅つづれおりたいままんだら」です。

本展は、中将姫が製作に関わったと伝わる根本曼荼羅(国宝・綴織當麻曼荼羅)に最も近い写しと名高い、江戸時代に製作された「當麻曼荼羅(貞享本)」の修復完了のお披露目と、あらためて中将姫がいかなる人物であったかを知ることの2本柱を中心に、全4章で構成されています。

仏教における男女平等の先駆けとなった中将姫

中将姫像ちゅうじょうひめぞう 鎌倉時代(14世紀)奈良・當麻寺中之坊。現存最古の中将姫像。剃髪ていはつした出家後の姿で、袈裟けさをまとい、念珠を手にして合掌する

近代以前は全国的に有名だったにもかかわらず、現代では、知っている方もいれば、まったく知らない方もいるのが中将姫の物語。
姫が出家するきっかけとなった継母による継子いじめなど、その数奇な人生は、浄瑠璃、謡曲、文楽、歌舞伎などの題材になり、鎌倉時代から語り継がれてきました。本展を訪れる際に予備知識として知っておきたいのが、現代では知る人が少なくなっている、この説話のあらすじです。

<あらすじ>

奈良時代、藤原不比等の孫である藤原豊成ふじわらのとよなりの娘として生まれた中将姫。幼くして実母を亡くし、亡き母の菩提を弔うため、日々「称讃浄土経しょうさんじょうどきょう」を読誦どくじゅしていました。その後、父が迎えた後添え(継母)に疎まれ、山中で殺害されそうになるもの逃れ、奈良県宇陀市にある日張山ひばりやまに隠れ暮らします。
父と偶然再会して、一度は都に帰るものの、その後、奈良県葛城市の當麻寺にて出家(中将法如尼)。
極楽浄土への思いを募らせ仏道修行に励んでいると、阿弥陀如来と観音菩薩の化身が現れ、たった一晩のうちに蓮華の糸で當麻曼荼羅を織りあげ、極楽の姿を示しました。そして、29歳で女人の身で阿弥陀の来迎を受け、極楽往生しました。

国宝 当麻曼荼羅縁起たいままんだらえんぎ 鎌倉時代(13世紀)神奈川・光明寺。半期展示替。 當麻寺の本尊である綴織當麻曼荼羅の成立に関する縁起説話を題材にした現存最古の絵巻物
称讃浄土仏摂受経しょうさんじょうどぶつしょうじゅきょう(称讃浄土経)奈良時代(8世紀) 奈良・當麻寺奥院。半期展示。 『阿弥陀経』の異訳で、釈迦が阿弥陀の西方極楽浄土への往生を勧める内容。當麻曼荼羅の縁起説話で中将姫が一千巻のこの経典を書写したとされたことから、現存する経典のほとんどは中将姫ゆかりの霊宝として伝わる

「女性が極楽往生」の意義

この物語のポイントとなるのが、クライマックスの「女人往生」の部分です。當麻寺の川中教正かわなかきょうしょう副住職は、「古代、女性は救われ難い存在とされていました。女性の身でありながら、極楽往生した中将姫様は、仏教における男女平等の先駆けとして、ありがたい存在です」と説明。さらに、根本曼荼羅についても「それまで、文字でしか仏さまの世界が分からなかったのですが、當麻曼荼羅を織ったことで、私たち庶民の目で仏さまの世界を知ることができるようになったのです。奈良時代には革新的なことだったと思います」と語ります。

女人として生身のまま29歳で極楽往生する中将姫(記者会見での映像より)

當麻寺にある「写し曼荼羅」3幅

根本曼荼羅に描かれているのは、阿弥陀如来を中心とした観無量寿経かんむりょうじゅきょうの世界。鎌倉時代に浄土宗の僧侶たちにより評価され、當麻曼荼羅信仰の広がりとともにその写しが数多く製作されました。その流布を支えたのが中将姫の存在であり、當麻曼荼羅信仰とともに中将姫説話も広がっていきました。

當麻寺には、根本曼荼羅だけでなく、写し曼荼羅3幅が所蔵されています。室町時代に製作された重要文化財「當麻曼荼羅(文亀本)」、本展で注目の江戸時代に製作された重要文化財「當麻曼荼羅(貞享本)」、奈良県重要文化財「當麻曼陀羅(延宝本)」(絵画)です。

このうち文亀本は、當麻寺の本堂(曼陀羅堂)で公開されています。

江戸時代の大プロジェクト「二大當麻曼荼羅の修理と貞享本製作」

重要文化財 當麻曼荼羅(貞享本)たいままんだら じょうきょうぼん 江戸時代 貞享3年(1686)奈良・當麻寺

江戸時代(延宝5年)、高誉上人こうよしょうにん性愚しょうぐという京都の僧侶が當麻寺に参詣し、根本曼荼羅の保存状態を嘆いて、修理を企画しました。あわせて室町時代の文亀本も修理し、2幅の曼荼羅を修復することで図様を確認し、その情報に基づいて貞享本が製作されました。2幅の修理を含め、およそ10年がかりで江戸時代の一大プロジェクトとして製作された貞享本。その図像は、写しのなかでも最も根本曼荼羅に近く信頼できるものとして重要視され、貞享3年(1686)に霊元天皇の宸筆しんぴつ(天皇の直筆)を得て完成しました。本展担当の北澤菜月きたざわなつき主任研究員は、「貞享本は色鮮やかであり、極楽とはこんなところだと本来の状態に近い彩色で分かります」と説明します。

左が江戸時代に製作された貞享本、右が奈良時代の根本曼荼羅(綴織當麻曼荼羅) (記者会見での映像より)

このプロジェクトに関わった当時の人々の名前や貞享本成立までの経緯は、このたびの修理で本図の下軸内から確認された40点ほどの文書のうち「奉納願文」に記されています。

今回、この軸内納入品である「奉納願文」が初公開されます。当時の信仰や製作状況がリアルに伝わってくる資料として注目です。

奈良県内各地には中将姫ゆかりの地

特別展にあわせた當麻寺の特別公開を説明する川中教正副住職

當麻寺では、会期にあわせ、秘仏「裏板曼荼羅」特別開帳と国宝「東塔・西塔」初層特別開扉がおこなわれる予定。「裏板曼荼羅」とは、中世に修復され板貼りだった奈良時代の根本曼荼羅を江戸時代に再び軸装にした際、はがした板面にうっすらと曼荼羅の図様が残ったもので、ある意味もう一つの根本曼荼羅とも言える貴重なものです。また、国宝の三重塔(東塔・西塔)は、西塔修理完成後の初公開になります。

奈良県内には、奈良市の旧市街「奈良町エリア」に姫の生誕の地として伝わる誕生寺、父・豊成公の墓と伝わる塚がある高林寺、邸宅跡と伝わる徳融寺や姫が隠れ住んだと伝わる宇陀市日張山の青蓮寺しょうれんじ、曼荼羅を製作する際の蓮糸を染めたと伝わる井戸が残る葛城市の石光寺せっこうじなどがありますので、特別展とともに県内のゆかりの地を旅して、中将姫を追体験してみてはいかがでしょうか。

(ライター・いずみゆか)

新着情報をもっと見る