【開幕】「蜷川実花 瞬く光の庭」東京都庭園美術館で9月4日まで 身近にあった光あふれる世界

東京都庭園美術館「蜷川実花 瞬く光の庭」展 会場風景

「蜷川実花 瞬く光の庭」展が6月25日から東京都庭園美術館で始まります。内覧会に伺いました。去年から今年にかけて国内で撮った花の写真が庭園美術館本館の内装に組み込まれています。夕日が差し込む窓に展示された写真は、本当の光と錯覚するくらい幻想的でした。

東京都庭園美術館「蜷川実花 瞬く光の庭」展 会場風景

こちらはまるでライトの明かりが反射しているように錯覚しました。

東京都庭園美術館「蜷川実花 瞬く光の庭」展 会場風景

蜷川さんと言えば、極彩色の花ですが、今展は「光」の花です。蜷川さん本人も「蜷川実花新章」とする新境地です。現実を忘れるほどの夢のような世界が広がりますが、夢でも、遠い国でもなく、実は日本の身近な花であることに気づくと、希望が湧いてくるとてもステキな展示です。

東京都庭園美術館「蜷川実花 瞬く光の庭」展 会場風景
東京都庭園美術館「蜷川実花 瞬く光の庭」展 会場風景
東京都庭園美術館「蜷川実花 瞬く光の庭」展 会場風景

「蜷川実花 瞬く光の庭」は東京都庭園美術館(目黒)で6月25日(土)から9月4日(日)まで。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

蜷川実花「瞬く光の庭」
会場:東京都庭園美術館 本館+新館(東京都港区白金台5-21-9)
会期:2022年6月25日(土)~9月4日(日)
開館時間:10:00-18:00 *入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日 ただし7月18日(月・祝)は開館、7月19日(火)は休館
アクセス:JR山手線、東急目黒線「目黒」駅から徒歩約7分、都営三田線、東京メトロ南北線「白金台」駅から徒歩約6分
入館料:一般 1,400円/大学生(専修・各種専門学校含む) 1,120円/中・高校生 700円/65歳以上 700円
詳細は展覧会特設サイトへ。

(読売新聞美術展ナビ編集班)
あわせて読みたい