【レビュー】北斎が描いた「鬼」、豪快で奔放なタッチ――すみだ北斎美術館で特別展「北斎 百鬼見参」

展示風景

特別展「北斎 百鬼見参」
会場:すみだ北斎美術館(東京都墨田区亀沢2-7-2)
会期:2022年6月21日(火)~8月28日(日)
休館日:月曜休館、ただし7月18日は開館し、19日を休館
アクセス:JR両国駅東口から徒歩9分、都営地下鉄大江戸線両国駅A3出口から徒歩5分
観覧料:一般1200円、高校生・大学生900円、65歳以上900円、中学生400円、障がい者400円、小学生以下無料
※前期(~7月24日)、後期(7月26日~)あり。詳細情報はホームページ(https://hokusai-museum.jp/)で確認を。

生誕260年の「メモリアル・イヤー」は一昨年だったのだが、相変わらず目立つのが葛飾北斎関連の美術展である。さすがは「世界で最も有名な浮世絵師」といったところだろうか。今年に入ってだけでも、九州国立博物館、サントリー美術館で大規模展が開催されており、「冨嶽三十六景」「諸国瀧廻り」などの代表作は、大げさに言えば常に全国どこかの美術館で展示されている状況だ。そんな中、その北斎の名前を冠したこの美術館で、どんな企画のもとでどんな展示が行われるのか。個人的には、ちょっと注目していた美術展なのである。

葛飾北斎「道成寺図」すみだ北斎美術館蔵(前期)

さてさて。すみだ北斎美術館がこの夏の特別展のテーマに選んだのは「鬼」。「百鬼見参」と題されたこの展覧会では、「鬼」をモチーフにした北斎とその一門の作品で江戸時代の日本人にとって「鬼」とは何だったのかを考察する。目玉となるのは、能楽「道成寺」の一場面を描いた「道成寺図」の修復後の初公開。「道成寺」を実際の舞台に即した形で描き出したその絵は、北斎の画力の高さを如実に示すものだ。このほか、肉筆画から板本に至るまで、数多くの作品が紹介されている。

葛飾北斎『近世怪談 霜夜星』一 高西伊兵衛 於沢冤鬼 すみだ北斎美術館蔵(通期)
葛飾北為「摂州大物浦平家怨霊顕る図」すみだ北斎美術館蔵(後期)

能楽の人気曲「船弁慶」などでおなじみ、源平合戦の「大物浦」を描いた北斎の弟子・北為の「摂州大物浦平家怨霊顕る図」(後期展示)や、様々な物語に登場する妖(あやかし)たちをモチーフにした「百物語」シリーズなどの有名作品に加え、大津絵風の鬼が愉快な「北斎略画手ほどき」や魔除けの「角大師」を洒脱な筆使いで描いた蹄斎北馬の「角大師と蝸牛図」など、展示されている作品のタッチは硬軟様々。変化に富んで目が飽きない構成である。ガイドに従って見ていくと、江戸時代の人々にとっての「鬼」がどういうものだったのかもよく分かる。時には畏怖され、時には愛されるスーパーナチュラルな存在。また別の時には人の無念、情念の象徴として描かれる。西洋美術には「メメント・モリ」(死を想え)という言葉があり、そこには「ガイコツ」が象徴的な存在として登場するのだが、浮世絵師たちが描く「鬼」や「幽鬼」、もしくは「妖」たちも、同じような存在なのかもしれない。

葛飾北斎『北斎略画手ほどき』すみだ北斎美術館蔵(通期)
蹄斎北馬「角大師と蝸牛図」すみだ北斎美術館蔵(前期)

個人的に面白かったのは板本の数々。曲亭馬琴とのコンビによる「椿説弓張月」はとみに有名だが、北斎は他にもいろいろな作家と組んで読本を出している。そこに登場するのは、デフォルメされたキャラクター。渦巻きや直線、曲線をうまく使った情景描写。まるで現代のマンガを見ているようだ。並んで展示されている「新板飛騨匠物語」(1809年)と「釈迦御一代記図絵」(1845年)を比べてみよう。同じような構図なのに後者の方が圧倒的に躍動感にあふれ、背景処理もシャープに感じられる。北斎がどのように「進化」したのが、技術がどのように「整理」されたのか、その一端も見て取れる。

葛飾北斎『釈迦御一代記図会』六 暴悪を罰して天雷流離王が王宮を焼君臣を撃殺す図 すみだ北斎美術館蔵(通期)
前期の展覧会場には、葛飾北斎の『新板 飛騨匠物語』下 飛騨の匠が作れる毘沙門天あらはれ給ひて悪神を追やり給ふ図(左)と『釈迦御一代記図絵』五 舎利弗大神通を現して六師等と闘ふ図(右)が並んで展示されている。(いずれもすみだ北斎美術館蔵)

「鬼」というキーワードで並べられた北斎とその一門の絵。よーく眺めていると、そこからは様々なものが見えてくる。江戸時代の日本人たちは何を考えていたのか。浮世絵の表現方法がどのように発展したのか……。単に有名作品を並べるだけでなく、観る人にいろいろな思いを抱かせる練り込まれた展示。北斎専門の美術館らしい、見応えのある企画だった。

(事業局専門委員 田中聡)

新着情報をもっと見る