深堀隆介展「金魚解禁 日本橋」 日本橋三越本店で7月27日から 作品の販売も

深堀隆介《秋敷》

日本橋三越本店では、727日(水)から8月8日(月)まで、本館7階催物会場で、現代美術作家深堀隆介氏の展覧会「深堀隆介展『金魚解禁日本橋』」を開催する。

器の中に樹脂を流し込み、固まったその表面にアクリル絵具で金魚の姿の一部を描く。さらにその上に樹脂を重ね、金魚をさらに描いていく。この作業を繰り返すことにより、まるで生きているかのような金魚が表現される。独自の「2・5Dペインティング」の技法を生み出した深堀氏の作品は、リアルであり神秘的だ。

深堀隆介《金魚酒命名鈴夏》

その作品は日本だけでなく、ニューヨーク、ロンドン、ミュンヘン、香港など、海外でも高く評価されており、各地で個展が開催されている。今回の展覧会では、枡に金魚を描いた作品から平面の大作まで約40点を展示、販売。深堀氏の作品を大々的に販売する展覧会は、今回が初めてだという。また、開催期間中には、深堀氏によるライブペイティングの披露や「金魚」にまつわる関連商品の販売などのイベント開催なども予定されている。

深堀隆介《方舟2》

(読売新聞美術展ナビ編集班)

深堀隆介展「金魚解禁日本橋」
会場:日本橋三越本店(住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1)本館7階催物会場
会期:2022年7月27日(水)~8月8日(月)
アクセス:東京メトロ半蔵門線・銀座線三越前駅から徒歩1分、都営地下鉄浅草線日本橋駅から徒歩5分
※詳細情報は公式HP(https://www.mistore.jp/store/nihombashi.html)で確認を

深堀隆介氏