「マティス展」 東京都美術館で来年4月27日開幕 約20年ぶりの大規模回顧展

20 世紀美術を代表するフランスの巨匠、アンリ・マティス(1869-1954 年)の展覧会が来春、東京都美術館(上野公園)で開催されます。会期は2023年4月27日から8月20日。日本では約20年ぶりの大規模回顧展で、世界最大規模のマティス・コレクションを所蔵するポンピドゥー・センターの協力を得て開催されます。

マティスは20 世紀初頭の絵画運動であるフォーヴィスム(野獣派)の中心的な存在として活動したのち、84 歳で亡くなるまでの生涯を、鮮やかな色彩とかたちの探求に捧げました。彼が残した仕事は、今なお色あせることなく私たちを魅了し、後世の芸術家たちにも大きな影響を与え続けています。
絵画に加えて、彫刻、素描、版画、切り紙絵、晩年の最大の傑作と言われるヴァンスのロザリオ礼拝堂に関する資料も含めて、マティスの仕事を多角的に紹介します。

マティス展 Henri Matisse: The Path to Color
会場:東京都美術館(東京・上野公園)企画展示室
会期:2023年4月27日(木)~8月20日(日)
アクセス:JR上野駅公園口から徒歩7分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅から徒歩10分、京成電鉄京成上野駅から徒歩10分
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、ポンピドゥー・センター、朝日新聞社、NHK、NHK プロモーション
詳しくは公式HP(https://matisse2023.exhibit.jp/