【プレビュー】「フィン・ユールとデンマークの椅子」東京都美術館で7月23日から

フィン・ユールとデンマークの椅子
会場:東京都美術館
会期:2022年7月23日(土)~10月9日(日)
開室時間:9:30~17:30、金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
休室日:月曜日、9月20 日(火) ※ただし、8月22日(月)、29日(月)、9月12日(月)、19日(月・祝)、26日(月)は開室
アクセス:JR上野駅公園口から徒歩7分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅から徒歩10分、京成電鉄京成上野駅から徒歩10分
観覧料:一般 1100 円 / 大学生・専門学校生 700 円 / 65 歳以上 800 円
※高校生以下は無料  ※特別展「ボストン美術館展 芸術×力」のチケット(半券可)提示にて、各料金より 300 円引き
詳しくは展覧会公式サイトへ。

建築を学び、美術を愛したフィン・ユール。デザイン大国として知られるデンマークのデザイナーのなかでも、ひときわ美しい家具をデザインしたことで知られています。

ただ、多くの一般的な家具デザイナーのように、専門学科や家具工房の出身ではありませんでした。美術史家になることを夢見ながらも、王立芸術アカデミーで建築を学び、建築やインテリアデザインを手掛ける中で、家具をデザインすることとなります。

フィン・ユール 《イージーチェア No. 45》 1945 年デザイン 織田コレクション 撮影:大塚友記憲

フィン・ユールが作り出す家具は、優雅な曲線のデザインが特徴で、「彫刻のような椅子」と評されました。

本展では、デンマークの家具デザインの歴史と変遷、誕生の背景をたどり、フィン・ユールの幅広い仕事とそのデザインの魅力に迫ります。

フィン・ユール 《チーフテンチェア》 1949 年デザイン 織田コレクション 撮影:大塚友記憲
フィン・ユール 《イージーチェア No.53》 1953 年デザイン 織田コレクション 撮影:大塚友記憲
フィン・ユール 《ボーンチェア No.44》 1944年デザイン 織田コレクション 撮影:大塚友記憲
フィン・ユール 《イージーチェア》 1955 年デザイン 織田コレクション 撮影:大塚友記憲
フィン・ユール 《イージーチェア プロトタイプ》 1948 年デザイン 織田コレクション 撮影:大塚友記憲
フィン・ユール 《ペリカンチェア》 1940 年デザイン 織田コレクション 撮影:大塚友記憲
フィン・ユール 《ジャパンチェア》 1957 年デザイン 織田コレクション 撮影:大塚友記憲

これらの作品は、椅子研究者・織田憲嗣氏が長年にわたり集めた北海道東川町の織田コレクションです。20世紀の家具、日用品のコレクションとして、名高い織田コレクションが、東京でまとめて展示される初の機会となります。

会場の一部では、さまざまな椅子に実際に座ることが出来るという試みも。フィン・ユールをはじめとするデンマークの椅子のデザイン性、そして心地よさを実際に体感できる展覧会です。

(読売新聞デジタルコンテンツ部美術展ナビ編集班)

 

新着情報をもっと見る