【開幕】ブライアン・イーノ・アンビエント・キョウト 8月21日まで京都中央信用金庫 旧厚生センターで

ミュージシャン、プロデューサー、ヴィジュアル・アーティストとして現代のアートシーンに多大な影響を与え続ける巨人、ブライアン・イーノの展覧会「BRIAN ENO AMBIENT KYOTO」(ブライアン・イーノ・アンビエント・キョウト)が6月3日(金)から京都駅に近い京都中央信用金庫 旧厚生センターで始まります。内覧会に伺いました。

代表作の『77 Million Paintings』『The Ship』『Light Boxes』に加え、世界初公開作品『Face to Face』のインスタレーションが展示発表されます。途絶えることなく変化し続ける音と光の空間芸術。イーノならではの世界を堪能できます。ハマります。

とりわけ『Face to Face』は印象的。実在する21人の顔写真が特殊なソフトウェアを使ってピクセル単位で変化し、ゆっくりと別人へと移行していきます。中間に現れる無数の表情に見入ってしまいました。グッズもステキです。

築90年という会場の建築の雰囲気も、イーノの作品とマッチしてました。観光客や修学旅行生で賑わいを取り戻しつつある京都。現代アートも味わってみてはいかがでしょうか。8月21日(日)まで。(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

京都中央信用金庫 旧厚生センター
BRIAN ENO AMBIENT KYOTO
会場:京都中央信用金庫 旧厚生センター(京都市下京区中居町七条通烏丸西入113)
会期:2022年6月3日(金)~8月21日(日)
開館時間:11:00〜21:00(展示会入場は閉館の30分前まで)
アクセス:JR京都駅から徒歩5分
一般チケット(6月3日から販売)
平日 :一般(大人) ¥2,000 / 大学生・専門学校生 ¥1,500 / 中高生 ¥1,000 / 小学生以下 無料
土日祝:一般(大人) ¥2,200 / 大学生・専門学校生 ¥1,700 / 中高生 ¥1,200 / 小学生以下 無料
6月2日まで販売の前売チケット情報など詳しくは公式HPhttps://ambientkyoto.com/で確認を。