『ゴールデンカムイ』の担当編集者の集英社・大熊八甲さんに聞く 闇鍋ウエスタンからスペシャルサンクスまで

大熊八甲さん(集英社で、撮影・青山謙太郎) ©野田サトル/集英社

東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催されている「ゴールデンカムイ展」。展覧会の開催と『ゴールデンカムイ』(野田サトル氏)の完結を記念して、集英社の担当編集者・大熊八甲さんに美術展ナビがインタビューしました。

大熊八甲さん(撮影・青山謙太郎) ©野田サトル/集英社

最終話を受け取った時の心境、週刊誌連載ならではの毎回の「アオリ」について、中でも「和風闇鍋ウエスタン」から「感情闇鍋ウエスタン」に変化した経緯、そして単行本の終わりの「スペシャルサンクス」についてなど、たくさんの秘話を紹介してくれました。
詳しくはインタビュー動画でご覧ください。約25分間、フルテロップでお送りします。

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)
「ゴールデンカムイ展」については以下の記事もご覧ください。

新着情報をもっと見る