今年は返還50年の節目 アートで知る沖縄・琉球<徹底ガイド>

沖縄が本土に復帰したのは1972年5月15日。2022年はアメリカから施政権が返還されて50年の節目になります。これにあわせて特別展「琉球」をはじめ、沖縄や琉球についての展覧会やイベントが各地で開催、企画されています。美術展ナビの記事やインタビューをまとめました。

<目次>
・沖縄・琉球がテーマの展覧会
・沖縄県の美術館・博物館を紹介
・沖縄をアートで知るインタビュー
・特別展「琉球」徹底ガイド
-オリジナルグッズは?
-音声ガイドは誰?
-チケット料金について
-会場までのアクセス
-公式サイト、SNSは?

沖縄・琉球がテーマの展覧会

・特別展「琉球」(東京国立博物館5/3~6/26、九州国立博物館7/16~9/4)


日曜美術館では文化財の復元について特集。5月15日放送(22日再放送)


・特別展「芭蕉布―人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事」(大倉集古館 6/7~7/31)


・「復帰50年記念 沖縄の美」(日本民藝館 6/23~8/21)
・特別展「沖縄復帰50周年記念特別展 公文書でたどる沖縄の日本復帰」 (国立公文書館 4/23〜6/19)
・企画展「復帰50年 沖縄復帰前展」(沖縄県立博物館・美術館 3/18 ~8/21)
・復帰50年特別展「沖縄、復帰後。展」(沖縄県立博物館・美術館 7/20 ~9/19)
・企画展「沖縄復帰50年と1972」(ニュースパーク(日本新聞博物館) 4/23〰9/4)
法政大学沖縄文化研究所50年の歩み(HOSEIミュージアム・コア 5/13~8/26)

・「手わざ-琉球王国の文化-」(東京国立博物館)文化財の模造復元品から琉球王国の繁栄を知る(展示は3月で終了)

沖縄県の美術館・博物館を紹介

沖縄県内には多くの美術館、博物館、アートスポットがあります。そのいくつかを紹介します。

沖縄が誇る染物の「紅型びんがた」と、織物の「首里織」の伝統技術を次の世代へ継承し、広くその魅力を発信する「首里染織館 suikara(すいから)」(那覇)が4月30日にグランドオープンしました。

美術館の目の前は米海兵隊の管理区域。戦争と平和を考えることができる佐喜眞美術館(沖縄県宜野湾市)のレポートです。(展示は2月まで)

沖縄をアートで知るインタビュー

沖縄出身の映像作家、美術家の山城知佳子さんへのインタビュー。


塩田千春さん 那覇の新劇場「なはーと」に首里城の破損瓦など使いインスタレーション 2021年12月4日に開幕 「新しい命を吹き込む」と意気込み

アートの楽しさを再発見できる美術展ナビのインタビューまとめ

特別展「琉球」の徹底ガイド

特別展「琉球」の見どころなどをまとめました。

内覧会レポート

内覧会動画

プレビュー記事(記者発表会)

音声ガイドは仲間由紀恵さん

グッズはサンリオや刀剣乱舞とコラボも

チケット料金と予約について

<東京会場>
入館料:一般 2,100円、 大学生 1,300円、 高校生 900円
事前予約不要

会場までのアクセス

JR上野駅公園口かJR鶯谷駅南口からそれぞれ徒歩10分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、東京メトロ千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅からは、それぞれ徒歩15分です。

公式サイト、公式SNSはツイッターとインスタグラム

・公式サイト
・公式Twitter
・公式インスタグラム
・電話での問い合わせは:050-5541-8600(ハローダイヤル)

直前の記事

【京のミュージアム ♯2】堂本印象美術館 絵とはちょっと違う原画の美しさ  特別企画展「包むを彩る ― ふろしきデザインの美 ―」 6月12日まで

京都在住のベテランライター、秋山公哉さんが古都やその周辺のステキなミュージアムを紹介する連載。第2回は堂本印象美術館です。とてもユニークな展覧会が開かれています。 ◇ ふろしきの原画を紹介するという珍しい展覧会が、京都市

続きを読む
新着情報一覧へ戻る