「燕子花図屏風の茶会 昭和12年5月の取り合わせ」根津美術館で15日まで 最終週は夜間も開館中

特別展「燕子花図屏風の茶会 昭和12年5月の取り合わせ」が根津美術館(東京・青山)で5月15日まで開催されています。10日から15日までは午後7時まで夜間開館中です。

国宝 燕子花図屏風 尾形光琳筆 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵

 

根津コレクションの礎を築いた初代・根津嘉一郎(1860~1940年)は大正3年(1914年)に尾形光琳の「燕子花図屏風」を購入しました。根津は展覧会や茶会で、惜しみなくこの傑作を披露。中でも、77歳を目前にした昭和12年(1937)5月の茶会は、豪華で荘厳で、当時も大きな話題となりました。展示では、この茶会の”布陣”を再現しています。

茶会としては珍しく「燕子花図屏風」や円山応挙の「藤花図屏風」など豪華な屏風を登場させて、客を驚かせただけではありません。

重要文化財 藤花図屏風 円山応挙筆 日本・江戸時代 安永5年(1776) 根津美術館蔵

 

茶会の前半に披露されたものが、その後、出される茶道具とリンクするなど、根津が張り巡らせた伏線とその回収の数々も実に見事です。この茶会の再現を存分に楽しむには、音声ガイド(500円)の利用をオススメします。

重要文化財 鼠志野茶碗 銘 山の端 美濃 日本・桃山~江戸時代 17世紀 根津美術館蔵
膳所耳付茶入 銘 大江 膳所 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵
業平蒔絵硯箱 伝尾形光琳作 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵

庭園のカキツバタの花もまだ楽しめます。

また、同時公開の「画賛の楽しみいろいろ」(展示室5)では国宝「布袋蒋摩訶問答図」が展示されています。

国宝 布袋蔣摩訶問答図 因陀羅筆 楚石梵琦賛 中国・元時代 14世紀 根津美術館蔵

5月10日(火)から5月15日(日)は午後7時まで(入館は閉館30分前まで)の夜間開館があります。入館にはオンラインによる日時指定予約が必要です。

新しい燕子花グッズも登場

和綴本 燕子花

本展開催にあわせて、ミュージアムショップでは、オリジナル新商品の「和綴本 燕子花」(8,500円)や巾着袋(3,500円)が登場。

燕子花巾着袋

また、2020年に刊行した「根津美術館 新蔵品選 国宝・重要文化財」(2,700円)に続く第2弾の新蔵品選「茶の美術」(3,500円)が刊行されています。

特別展「燕子花図屏風の茶会 昭和12年5月の取り合わせ」
会場:根津美術館(東京都港区南青山6-5-1)
会期:2022年4月16日(土)~5月15日(日)
休館日:5月2日を除く月曜日
開館時間:10時~午後5時(5月10日~15日は午後7時まで)入館は閉館30分前まで
入場料:一般1,500円 学生1,200円
※オンライン日時指定予約が必要
詳しくは美術館の公式ホームページ
アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」下車、A5出口から徒歩8分

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹、写真は根津美術館提供)

直前の記事

2024年の大河ドラマ、主人公は紫式部! 「光る君へ」 主演は吉高由里子さん 道長への想いを軸に描く

2024年のNHK大河ドラマのタイトルは「光る君へ」。世界最古の長編小説といわれる「源氏物語」の作者、紫式部が主人公で、主演の吉高由里子さんが「紫式部/まひろ」役を演じます。作者は大石静さん。NHKが5月11日、発表しま

続きを読む
新着情報一覧へ戻る