【開幕】アジアとの交流、繁栄の歴史を華麗な宝物でたどる 沖縄復帰50年記念 特別展「琉球」 東京国立博物館で6月26日まで

国宝 玉冠(付簪)=手前=、国宝 赤地龍瑞雲嶮山文様繻珍唐衣裳=奥= いずれも[琉球国王尚家関係資料]、第二尚氏時代 十八~十九世紀 沖縄・那覇市歴史博物館蔵

 

沖縄復帰50年記念 特別展「琉球」
会場:東京国立博物館 平成館
会期:2022年5月3日(火・祝)~6月26日(日)
休館日:月曜日
アクセス:
JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、東京メトロ千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
入館料:一般 2,100円、 大学生 1,300円、 高校生 900円
詳しくはhttps://tsumugu.yomiuri.co.jp/ryukyu2022/へ。

宝物が雄弁に語る王国の栄華

5月3日(火・祝)から東京国立博物館で始まる特別展「琉球」。過去最大規模の沖縄・琉球展の呼び声通り、アジアとの交流で繁栄した琉球の歴史をリアルに感じることのできる、充実の内容です。開幕前日に開催された内覧会を取材しました。

クライマックスとなる「国宝 尚家宝物」のコーナーは圧巻のひとこと。戦前、東京に移されたため、戦火を免れたそうです。その華やかさと緻密さ。往時の王国の栄華を偲ぶのには十分です。

模写復元 尚穆王御後絵 制作者[本紙]東京藝術大学保存修復日本画研究室[表装具]墨仙堂 [原資料]第二尚氏時代 十八世紀 一般財団法人 沖縄美ら島財団蔵
国宝 青貝螺鈿鞘腰刀拵(号 北谷菜切)[琉球国王尚家関係資料] 刀身 室町時代 十五世紀、拵 江戸時代 十六~十七世紀=手前=、国宝 黒漆脇差(号 治金丸)[琉球国王尚家関連資料] 信国作か=奥= 沖縄・那覇市歴史博物館蔵
国宝 黄色地鳳凰牡丹文様紅型縮緬袷衣裳[琉球国王尚家関連資料]=手前= 第二尚氏~明治時代 十九世紀 沖縄・那覇市立歴史博物館蔵

歴史的資料も充実。古くに海外で作成された地図にも、「琉球」は詳しく記載されていて、その存在感の大きさを伺わせます。おなじみ万国津梁の鐘、も見られます。

重要文化財 銅鐘 旧首里城正殿鐘(万国津梁の鐘) 藤原国善作 第一尚氏時代 天順二年(一四五八) 沖縄県立博物館・美術館蔵
混一彊理歴代国都之図 朝鮮時代 十五~十六世紀 長崎・本光寺常盤歴史資料館蔵
東インド諸島とその周辺の地図(『世界の舞台』)一冊のうち アブラハム・オルテリウス編 一五七九年刊 九州国立博物館蔵

華やかな琉装。伝統ある織物や、染物の紅型びんがたの紹介なども興味津々です。

緋色地波濤桜樹文様紅型木綿衣裳 第二尚氏時代 十九世紀 神奈川・女子美術大学美術館蔵=手前=など

首里城関係の展示には胸が痛む思い。一日も早い復興を願いたいです。

大龍柱(旧首里城正殿前)一柱 第二尚氏時代 康煕五十年(一七一一) 沖縄県立博物館・美術館蔵

首里城図 第二尚氏時代 十九世紀 東京・公益財団法人 美術工芸振興佐藤基金蔵

「ちむどんどん」や「刀剣乱舞」も登場。ファンには嬉しいこういうコーナーも。しっかり写真を撮っていきましょう(^^)

グッズもステキなものがずらり。これは迷いますよ〜(^^)

沖縄復帰50年記念特別展「琉球」は東京国立博物館で6月26日(日)まで。アジアとの交流に彩られた歩みとその豊かな文化を知ることは、この半世紀を振り返る上でも原点となるでしょう。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

雑誌『和樂』6・7月号が発売 特集は「白洲正子を旅する」 付録は若冲ショッピングバッグ

日本文化や美術の楽しさを伝える雑誌『和樂』(小学館、隔月刊行)の6・7月号が5月1日に発売されました。 メインの特集は「白洲正子を旅する」です。 第2特集では、サントリー美術館での「大英博物館 北斎」展や九州国立博物館で

続きを読む
新着情報一覧へ戻る