【開幕】日米で注目のアール・ブリュット作家を紹介 「線のしぐさ」展 東京都渋谷公園通りギャラリーで6月26日まで

針金で機関車を造形した東恩納侑さんの作品

 

線のしぐさ
会場:東京都渋谷公園通りギャラリー(東京都渋谷区)
会期:2022年4月23日(土)~6月26日(日)
開館時間:11時~19時
休館日:月曜日
入場料:無料
※詳しくは同館のホームページへ。

日本とアメリカで注目のアール・ブリュット作家、計10人を紹介します。ローザンヌのアール・ブリュット・コレクションをはじめ、ニューヨーク近代美術館やパリのボンピドゥー・センター、東京国立近代美術館などに作品が収蔵される作家が含まれ、力のある作品が揃いました。アメリカのアール・ブリュット作家がまとまって日本で紹介されることは珍しいといい、その意味でも興味深いです。

「線」をテーマにした事について、担当した佐藤真実子学芸員は「アール・ブリュットの作品における線は、作家の抑え難い衝動や愛着、からだの心地よい動きなどと強く結びついています。作家のからだと心のしぐさが線に乗り移り、線がしぐさを生みだします。そうした作家の内面を直截的に表現するものとして、線に注目しました」といいます。同時に「メインストリームの美術とアール・ブリュットを分け隔てているものも、ある種の線と言えます。その境界について考えるきっかけになったら、という思いもあります」。

スーザン・ジャノウ《無題》2020年 オークランド、クリエイティブ・グロウス・アート・センター蔵

アメリカから出品している5人の作家は、カリフォルニア州オークランドのクリエイティブ・グロウス・アート・センター(CGAC)という非営利施設で制作をしています。1974年の設立で、100人以上の障害のある人が通い、絵画、彫刻、陶芸、版画、テキスタイル、写真、映像など様々な制作活動に取り組んでいます。スーザン・ジャノウ(1980-)は紙にグリッドを描き、細い線のクロスハッチングで念入りに埋めるドローイングを多く制作しています。フリーハンドで繊細な表現を実現しており、「どうやって描いたのか」という興味も持ちます。また、彩色に不思議なリズム感があります。作品はニューヨークのブルックリン美術館、ポンピドゥー・センターなどに収蔵されています。

齋藤裕一《無題(はみだし刑事)》2002-05年 作家蔵

齋藤裕一(1983-)は埼玉県生まれ。文字を書くことがきっかけになり、好きなテレビ番組名などを連ねるドローイングへと展開しました。書き込みの集中している部分と、余白とのコントラストに味わいがあります。近年、作品がポンピドゥー・センターに収蔵されました。

トニー・ペデモンテ《無題》2018年 オークランド、クリエイティブ・グロウス・アート・センター蔵

トニー・ペデモンテ(1954-)は2009年からCGACに参加。木材や廃品などを組み合わせた骨格を、糸や毛糸で執拗に包み込みます。様々な色の糸が使われ、何重にも巻かれる中で、そのレイヤーが微妙な色合いや質感を生み出しています。

東恩納侑《無題》2005年頃 作家蔵 など

東恩納侑(ひがしおんな・たすく)(1987-)は沖縄県生まれ。県内を中心に発表を重ねています。機関車やロボットなどをモチーフに、針金のゆがみを利用しながら3次元的にかたちを捉える作品を作っています。立体のイメージを、針金という「線」を用いて見事に具現化しています。機関車の車輪にはボタンを使うなど、身の回りにある素材を巧みに組み合わせています。下に映る影も含めて、複雑な線の世界です。

日米で作風の近接したイメージのものを組み合わせて展示しています。アール・ブリュットの広がり、多様性を感じることができます。

会場の東京都渋谷公園通りギャラリーは、渋谷駅からパルコやNHK放送センターへと向かうにぎやかな「公園通り」の途中にあります。渋谷にお出かけの際、気軽に寄ってみませんか。小宇宙のように豊かなアートの空間を味わうことができます。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

新着情報をもっと見る