古い着物を思い出とともに再生 伝統美が今によみがえる「アップサイクル」

キモノヤーンを手にする藤枝さん

古いものや捨てられるものを、工夫して魅力的な別のものに作り替える「アップサイクル」が注目されています。祖母や母が残した着物や、着る機会がない思い出の着物も、美しい色や柄を生かして生まれ変わらせることができます。

細く切って手芸用「糸」に

着物アップサイクルのユニークな例が「キモノヤーン」。着物を幅2センチほどに細く切ってひも状につなげた手芸用素材で、毛糸のように編んだり、リボンやフリンジにしたりと幅広く使えます。ヤーンは「糸」を意味する英語で、福岡市のプランナー藤枝瀬里子さんが、実家にしまってあった亡き祖母の着物と、趣味の編み物を結びつけて発案し、2018年に商品化しました。

材料となる着物は、「母が大事にしていたので捨てられない」などと全国から寄付されたものを活用。1枚でヤーンが80~150メートル分できます。着物をほどき、細く裁断してミシンで縫い合わせるのは手作業で、「『面白そう』と引き受けてくれた縫製会社に出会えるまで、数十社に断られました」と藤枝さんは笑います。

キモノヤーンで作られたバッグやアクセサリー

主にネットショップで販売しており、1玉(30メートル)3300~4500円。当初はまるで売れませんでしたが、購入したハンドメイド作家がキモノヤーンを使ったバッグやアクセサリーなどをSNSに投稿してくれるようになると、売り上げが徐々に伸びました。福岡県筑紫野市の作家の女性も愛用者で、「同じ形の作品でも、キモノヤーンを使うと1点ごとに全く雰囲気が変わる」と魅力を語ります。(作品例は→こちら

現在は、アップサイクル商品の企画開発会社「リクラ」(本社・石川県)の福岡オフィスで働く藤枝さん。「着物には現代にない色や柄があり、捨てるのはもったいない。新たな可能性を広げていきたい」と力を込めます。

上質なシャツにリメイク

経済産業省の2015年の調査では、50歳代以上の女性の86%が着物を所有している一方、半数以上が「今後は着るつもりがない」と回答しました。思い入れのある着物は捨てにくく、洋服やバッグなどへのリメイクを考える人は少なくありません。

北九州市八幡西区の「FAR EAST FABRIC(ファー・イースト・ファブリック)」は、鹿児島県特産の大島つむぎなどをボタンダウンなどのシャツに仕立てています。社長の川俣大輔さんは「大島紬ならではの上質感や独特の色柄が、特に年配の男性によく似合います」とアピールします。

着物から仕立てたボタンダウンシャツを手にする川俣さん

1枚3万円前後で、仕立て上がりのシャツ販売のほか、持ち込みの着物のリメイクも引き受けています。祖母が残した大島紬をシャツに仕立てた福岡市の女性は「父への誕生日プレゼント。祖母の形見で作ったと知ったら、父も大事に着てくれるはず」。川俣さんは「着物は日本が世界に誇る文化。次世代に残していきたい」と話します。

下準備のコツを教わった

家にある着物を自分で洋服などに仕立てる場合、洗うなどの下準備が大切です。福岡市や佐賀市などで着物リメイク教室を開く「ブティックARO(アロ)」(福岡市)のオーナー鈴木茂子さんに、手順や注意点を教わりました。

着物をリメイクした服を手にする鈴木さん

正絹の着物を家庭で洗う場合、ほどいて布に戻してからおしゃれ着用洗剤で洗います。軽く押し洗いしてすすぎ、タオルドライで水分を取ります。しわになるので絞らないで。ハンガーを使ってしわを防ぎながら日陰干ししたら、生乾きのうちにスチームアイロンをかけます。アイロンは押すようにかけて。滑らせると生地が不規則に伸びます。

絹は水で洗うと、多少の劣化は避けられません。ちりめんなど、かなり縮む素材もあります。一方、ポリエステルや木綿の着物は洋服と同じように洗えます。

着物をリメイクした洋服やバッグ

着物1枚からワンピースやコートなど色々な作品が作れます。着物だと派手な色や古くさく見える柄も、洋服にするとおしゃれになるから不思議です。
(読売新聞西部社会部 地域・生活課記者 堀家路代)

福岡ふかぼりメディア「ささっとー」(3月21日公開)の記事を再掲。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る