【開幕】特別展「最澄と天台宗のすべて」京都国立博物館で5月22日まで

伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」
会場:京都国立博物館 平成知新館
会期:2022年4月12日(火)~5月22日(日)
前期展示:2022年4月12日(火)~5月1日(日)
後期展示:2022年5月3日(火・祝)~5月22日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替あり
開館時間:9:00~17:30(入館は17:00まで)日時指定制ではありません
休館日:月曜日
観覧料: 一般 1800円、大学生 1200円、高校生 700円、中学生以下無料
詳しくは展覧会公式サイト

開幕前日の内覧会を取材しました

特別展「最澄と天台宗のすべて」が4月12日から5月22日まで京都国立博物館で開かれます。内覧会を取材しました。東京、九州、京都の国立博物館3館の壮大な巡回展のトリを飾るにふさわしく、全国から天台の名宝が総本山のお膝元に集結しました。

会場風景

最澄から始まる日本の天台宗と比叡山延暦寺。「悟りの道はすべての人に開かれている」という平等思想は、日本文化の多様性にもつながっているそうです。

国宝「聖徳太子及び天台高僧像 十幅のうち 最澄、円仁」 平安時代・11世紀 兵庫・一乗寺蔵。最澄現存最古の肖像画 展示期間:4月12日(火)~5月1日(日)

京都や関西だけでなく全国の天台の名品130件が紹介されます。そのうち、国宝(23件)と重要文化財(72件)が約7割を占め、寺外初公開や60年に一度しか開帳されない秘仏なども。豪華です。

中央手前:国宝「線刻釈迦三尊等鏡像」平安時代・12世紀 京都・泉屋博古館蔵
「菩薩遊戯坐像(伝如意輪観音)」鎌倉時代・13世紀 愛媛・等妙寺蔵。60年に1度だけ公開される秘仏本尊
左:重要文化財「性空上人坐像 慶快作 鎌倉時代・正応元年(1288) 兵庫・圓教寺蔵

「強訴」の象徴として知られる日吉大社の神輿。こちらは重文「日吉山王金銅装神輿(樹下宮)」。担ぎ手の大きな声が聞こえてきそうな迫力です。

重要文化財「日吉山王金銅装神輿(樹下宮) 」 江戸時代・17~19世紀 滋賀・日吉大社蔵

国宝・重文以外にも京都会場のみの展示には目を見張るものがあります。その一つ、京博研究員の宮川禎一さんが紹介してくれた注目の展示品が「比叡山山内出土品」(7件11点)。下の解説動画もぜひご覧ください。

「比叡山山内出土品」の金銅宝相華花鳥蝶文水滴 平安時代・9〜12世紀 滋賀・延暦寺蔵

「比叡山山内出土品」(7件11点)平安時代・9〜12世紀 滋賀・延暦寺蔵

京都会場のみのグッズも

豊富なオリジナルグッズは東京や九州に引き続き。さらに京都会場では手ぬぐいとマスキングテープが追加されました。

特別展「最澄と天台宗のすべて」は京都国立博物館で4月12日から5月22日まで。(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)  


本展の招待券をプレゼントします(4月20日〆切り)

直前の記事

【レビュー】江戸と昭和の風景画を堪能――「旅路の風景─北斎、広重、吉田博、川瀬巴水─」 展 東京富士美術館で6月5日まで

旅路の風景─北斎、広重、吉田博、川瀬巴水─ 会場:東京富士美術館(東京都八王子市谷野町492-1) 会期:2022年4月2日(土)~6月5日(日) 休館日:月曜日、月曜が祝日の場合は開館し、翌火曜日が振替休館 アクセス:

続きを読む
新着情報一覧へ戻る