世界遺産の国立西洋美術館が4月9日から再開館 ル・コルビュジエの構想に近づく 無料ゾーンも拡大

撮影:青山謙太郎

上野の杜の象徴、世界文化遺産の国立西洋美術館が1年半ぶりに戻ってきます。2020年10月からのリニューアル工事で前庭などを改修。創建時(1959年)のル・コルビュジエの構想に近づけました。4月9日(土)からのリニューアルオープンを控え、内覧会を取材しました。

柵や植栽の改修で、上野公園との連続性が高まりました。正面の名建築、東京文化会館ともお互いによく見通しがきくように。前庭を歩くのも一層、楽しくなりますね。ロダンの「考える人」も改めてじっくりと。

ロダン「考える人」 撮影:青山謙太郎

来場されたら足元もよくご覧ください。目地が、ル・コルビュジエが考案した尺度である「モドュロール」によって割り付けられた元の形を復原しています。おなじみ「地獄の門」や「カレーの市民」もあわせて。

ロダン「地獄の門」 撮影:青山謙太郎

 

 

ロダン「カレーの市民」 撮影:青山謙太郎

常設展示も相変わらず大変に豪華。モネやセザンヌ、ハンマースホイなど一日かけて見たい!です。

常設展の会場
常設展の会場
常設展の会場

有料エリアだった常設展の起点「19世紀ホール」は無料エリアに。撮影:青山謙太郎


(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志 動画・岡本公樹)

「自然と人のダイアローグ」展は6月に

国立西洋美術館では6月4日(土)から、リニューアルオープン記念「自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」展が始まります。ドイツのフォルクヴァング美術館との共同企画で、タイトル通り巨匠たちの名作がずらり。見逃せないですね。

直前の記事

【レビュー】「オールドノリタケ×若林コレクション 」兵庫陶芸美術館で5月29日まで 輸出用陶磁器の華麗なる世界

特別展「オールドノリタケ×若林コレクション -アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン-」 会場:兵庫陶芸美術館(兵庫県丹波篠山市) 会期:2022年3月19日(土)~5月29日(日) 開館時間:10:00~18:

続きを読む
新着情報一覧へ戻る