【羽生結弦展2022情報】グッズ紹介⑨ ポストカードセット

今回、ご紹介するのは「ポストカードセット」です。

紙は前回と同じく、光沢のないマットタイプが使われています。宛名面には、絵柄面の写真をモノクロにしたものがあしらわれています。前回のポストカードでは、宛名面に写真を撮影した日付が入っていましたが、今回は当時を思い出しやすいようにと、大会名も付け加えられました。

 5枚1セットで、AセットとBセットの2種類が作られました。Aセットは、ショートプログラム(SP)の写真が、Bセットはフリーの写真が多く使われています。どちらにも、練習中や演技後の表情豊かなオフショットも入っています。

練習中に一瞬見せる表情を捉えた写真も

 クリアファイルと同じく、デザイナーら3人がじっくり時間をかけて、写真を選りすぐったそうです。展示パネルや、写真集にも入っていないカットもあるので楽しみですね。(「羽生結弦2022」担当)

 ポストカードセット(5枚セット)は全2種類で、販売価格は各770円(税込み)です。

 ※写真のグッズは、デザインなどが一部変更になる場合があります。



◆羽生結弦展2022のホームページはこちら

直前の記事

特別展「日本美術をひも解くー皇室、美の玉手箱」プレス発表会 東京藝術大学大学美術館で8月6日から

皇室に伝えられた品々を収蔵する宮内庁三の丸尚蔵館の優品で日本美術を分かりやすく紹介する特別展「日本美術をひも解くー皇室、美の玉手箱」(8月6日~9月25日)のプレス発表会が4月4日、会場となる東京藝術大学大学美術館(東京

続きを読む
新着情報一覧へ戻る