【プレビュー】特別展「最澄と天台宗のすべて」京都国立博物館で4月12日から 全国の天台の名宝が総本山のお膝元に集結

延暦寺 根本中堂 内観

伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」
会場:京都国立博物館 平成知新館
会期:2022年4月12日(火)~5月22日(日)
前期展示:2022年4月12日(火)~5月1日(日)
後期展示:2022年5月3日(火・祝)~5月22日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替あり
開館時間:9:00~17:30(入館は17:00まで)日時指定制ではありません
休館日:月曜日
観覧料: 一般 1800円(1600円)、大学生 1200円(1000円)、高校生 700円(500円)、中学生以下無料*()は前売り
詳しくは展覧会公式サイト

壮大な巡回展のトリを飾る京都会場

昨年(2021年)は、日本に天台宗を広めた伝教大師でんぎょうだいし最澄の没後1200年の節目の年(1200年大遠忌)。そのメモリアルイヤーに東京国立博物館からスタートした[伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」]が九州国立博物館へ巡回し、京都国立博物館(2022年4月12日~5月22日)でトリを飾ります。この記事では、京都会場を楽しむ予備知識として、特徴と注目作品に焦点を当ててご紹介します。(ライター いずみゆか)

総合大学のような天台宗総本山 比叡山延暦寺

最澄は、唐(中国)に渡って仏教を学んだのち、日本天台宗を開いて平安仏教の礎を築いた人物。最澄が創建した比叡山延暦寺(京都市と滋賀県大津市にまたがる)は、日本天台宗の総本山であり、古都京都の文化財の構成資産のひとつとして、平成6年に世界遺産登録されました。

「比叡山の仏教は、多くの学部を備えた総合大学に例えられます。法華経、密教、禅、菩薩戒、浄土教、これらがそれぞれの価値を持って共存しています。日本人の違いを認め合う思想があるのではと思います。日本史上多くの優れた人材(高僧)を輩出し、明治まで1000年以上、京の都の御山として日本人の心に大きな影響を与え続けてきました」と比叡山延暦寺の執行しぎょう・水尾寂芳さん。

京都の街全体が展覧会場という壮大な京都会場

延暦寺 根本中堂 外観

巡回展ではありますが、東京会場では「東国を中心に全国に浸透した天台宗の精華」、九州会場では「最澄をはじめとした法脈を継ぐ天台僧たちの大陸への求法の旅と西日本における伝教の歴史」と各会場で特色や見どころが異なります。3か所の会場を通じて、日本全国の天台宗の教え、祈り、歴史等が網羅できるという本当に大規模な特別展なのです。

京都会場の注目は、国宝23件、重要文化財71件を含む秘仏や寺外初公開の仏像など全国各地の天台の名品130件が総本山のお膝元である京都の地に集結すること。
天台宗の中心となった平安京(京都)での開催とあって、地元人でもなかなかお目にかかれない名品が出陳されるので目が離せません。
さらに、京都会場(京都国立博物館)を拠点にして、天台宗総本山の延暦寺だけでなく、天台宗五門跡(京都五箇室門跡) の三千院門跡・青蓮院門跡・毘沙門堂門跡・曼殊院門跡・妙法院門跡へもアクセスしやすく、まるで街全体が展覧会場のような壮大な構成になっています。

伝教大師最澄と日本天台宗とは?「万人が救われるべし」

国宝 聖徳太子及び天台高僧像 十幅のうち最澄 平安時代・11世紀 兵庫・一乗寺蔵。最澄現存最古の肖像画 展示期間:412日~51日 画像提供:東京文化財研究所

第1章~6章の構成で、天台宗の始まりから、教えの広がり、天台思想が生んだ多様な文化、現代へのつながりまでを通史的に体感できる同展。最澄は、「万人が救われるべし」と説く『法華経』に共鳴し、中国天台宗を日本に導入しました。

天台宗について、京都会場担当で京都国立博物館の大原嘉豊よしとよ保存修理指導室長は、「最澄にとって、『悉有仏性説しつうぶっしょうせつ』という誰でも仏様になれるという考え方が、お釈迦様の教えを庶民に伝える原動力になりました。そして、(天台宗は)日本仏教の革新運動の原動力のひとつになり、鎌倉新仏教の形成にも大きく寄与しました。庶民のための仏教、庶民に注ぐ優しい眼差しがあります。ですから、比叡山は日本仏教の母山ともいわれています」と説明します。

難しい内容を分かりやすく伝えるために、巡回展の3館の担当者は話し合い「天台宗は最澄だけでなく、最澄の心を継いだお弟子さん達の歴史そのものである」として、通史で分かるように各館で展示を工夫しました。

国宝 七条刺納袈裟 中国 唐時代・8世紀 滋賀・延暦寺蔵。京都会場のみの展示で最澄が教えを受けた中国天台山・仏寺の行満から相伝した、天台宗六祖・湛然(711~782)の袈裟と伝えられる 展示期間:412日~51
国宝 伝教大師入唐牒 中国 唐時代・貞元2021年(804805) 滋賀・延暦寺蔵。中国で発行された最澄の通行許可証 展示期間:53日~522

秘仏のなかに秘仏!? 注目の寺外初公開秘仏の最新知見も

重要文化財 薬師如来立像 平安時代・11世紀 京都・法界寺(真言宗醍醐派)蔵

寺外初公開の秘仏のなかでも特に注目は、第1章で展示される法界寺(京都市伏見区日野)の重要文化財・薬師如来立像。日野氏の菩提寺である同寺の秘仏(平安時代作)であり、実は、延暦寺総本堂の根本中堂に安置される最澄作の秘仏本尊(薬師如来像)に近い姿と考えられている像です。
そして、像内には日野家の家祖・藤原家宗が最澄から拝領したと伝わる薬師像が納められており、胎内秘仏があることから「乳薬師」として、安産、授乳、子授等の信仰を集めています。

本当に最澄自作の胎内秘仏が納められているのでしょうか?

2021年10月6日に東京国立博物館で実施されたX線CT撮影の画像。像内に小像(薬師像)が納められていることが分かる

昭和37年(1962)に美術院国宝修理所(現・公益財団法人美術院)により解体修理が行われました。その時、確かに総高32・5cm(像高28.4cm)の小像が納められていることが確認されています。ただ、当時の観察によれば、最澄の時代にまで遡るお像ではなく、近世の作と判断されているとのこと。修理後に像内に戻されたため、現在は拝観することができません。

しかし、この度の特別展で東京会場へお出ましになる際、X線CT撮影を行い、小像の詳細を確認。今までは、修理時の正面写真しか知られていませんでしたが、両側面、背面の様子も確認することができたのです。

京都会場のみ、3Dプリンターで立体化された胎内仏が法界寺の薬師如来立像と並んで展示

左が3Dプリンターで立体化された像内の薬師像

その情報を基に、像内の薬師像は3Dプリンターで立体化され、京都会場で法界寺の薬師如来立像と並んで展示されるので見逃せません。

調査に当たった東京国立博物館の皿井舞室長は「奥行きがなく非常に扁平につくられているのが確認できました。もとの像を復元的に考察する新しい手掛かりになります」と説明。X線CTスキャン画像が木目も鮮明に捉えていることから、樹種が判別できる可能性もあるとのことで、この度の成果が今後の研究に活用されることが期待されます。

興味深いのは、法界寺は真言宗醍醐派の寺院であること。現在の天台宗の枠にとらわれず、過去に天台宗だった他宗派の寺宝も宗派を超えて展示するほど力が入った特別展なのです。

60年に1度公開の秘仏も

菩薩遊戯坐像(伝如意輪観音) 鎌倉時代・13世紀 愛媛・等妙寺蔵。60年に1度だけ公開される秘仏本尊

その他、交通の便などの理由から、なかなか訪れる機会が無いエリアにある寺院の寺宝が展示される点も見どころです。
なかでも、九州会場と京都会場のみの展示となる愛媛県鬼北町・等妙寺の菩薩遊戯坐像ぼさつゆげざぞう(伝如意輪観音)に注目を。60年に1度だけ公開される秘仏本尊で、九州国立博物館でのX線CTスキャン調査の結果、胎内に木製の五輪塔が納められていることが分かりました。その情報を基に、3Dプリンターで立体化したこの五輪塔も、京都会場で展示します。

等妙寺は、鎌倉時代(1320年)に理玉和尚りぎょくかしょうによって、通称「奈良山」と呼ばれる山の中腹に創建された天台律宗の寺院。後醍醐天皇の篤い帰依を受けた恵鎮円観えちんえんかんが布教活動の拠点として京都・東山の法勝寺(白河法皇創建)を天台宗の戒律道場としました。そして、全国に4か所の戒壇を設けて布教活動の拠点にしたのですが、その戒壇のひとつが同寺にあったことが近年の発掘調査によって分かったばかりだと大原室長は説明します。

重要文化財 釈迦如来坐像 経範等作 平安時代・寛治7年(1093) 大阪・興善寺蔵。大阪と和歌山の境にある名刹・興善寺の平安彫刻が修理後に初公開される

天台宗とは?最澄の教えとは?に迫った大規模展覧会のトリを飾る京都会場。宗教的な内容や関連する深い歴史は難しい用語も多く、難解だと思われがちですが、私達(万人)を救うためにどんな思いを込めて造られたお像なのだろう?など、同展で寺宝の背景にある物語に想いを馳せ、お膝元である京都のゆかりの寺院をあわせて訪れることで、身近に感じられるのではないでしょうか。

新着情報をもっと見る