4月に始まる全国の美術館・博物館の展覧会を公式SNSとともに紹介

4月に始まる全国の展覧会を、会場や主催者の公式SNSとともに紹介します。新年度となる4月は、国立西洋美術館や曜変天目を所蔵する藤田美術館(大阪)などリニューアルオープンする館も複数あります。東京国立博物館150年のイベントも色々始まりますね。

【リニューアル、新規オープン】

【1日】藤田美術館

国宝「曜変天目茶碗ようへんてんもくちゃわん」(国宝指定された3碗のうちのひとつ)を保有する藤田美術館(大阪市都島区)が4月1日にリニューアルオープンします。
公式SNSでは、カウントダウン的に50選をツイートしていましたが、3月25日のツイートでは50番目となる曜変天目茶碗が登場しました。

【2日】静岡県立美術館

【9日】国立西洋美術館

施設整備のため休館していた国立西洋美術館(東京・上野公園)が4月9日にリニューアルオープンします。ル・コルビュジエの設計を元に1959年に創建した当時の姿に近づけた前庭が完成します。


まずは充実の常設展を楽しみたいですね。6月4日からはリニューアルオープン記念展「自然と人のダイアローグ」が始まります。

【27日】栃木市立文学館

栃木市立文学館は4月27日にオープンします。栃木市立美術館は11月3日にオープン。

【30日】対馬博物館

長崎県の島、対馬に「対馬博物館」が4月30日にオープンします。

この投稿をInstagramで見る

 

対馬博物館(@tsushimamuseum)がシェアした投稿

【4月に始まる注目展】

【1日】大蒔絵展 (MOA美術館)

日本の美術、美意識に欠かせないのが漆の工芸である「蒔絵まきえ」。MOA美術館(熱海)で1日から「大蒔絵展」が始まります。国宝16点が出品される豪華な展覧会です。

【2日】藝大コレクション展 2022 春の名品探訪 天平の誘惑 (東京藝術大学大学美術館)

多彩なコレクションを広く公開する今春の「藝大コレクション展2022」は「春の名品探訪」。約3万件の収蔵品から選りすぐりの名品を展示します。

【9日】「モディリアーニ ―愛と創作に捧げた35年―」 (大阪中之島美術館)

2月に開館した大阪中之島美術館の展覧会第2弾「モディリアーニ展」が9日から始まります。

【9日】「開館20周年記念展 モネからリヒターへ」 (ポーラ美術館)

2002年に開館したポーラ美術館(箱根)の20周年記念展が9日から始まります。ポーラ創業家2代目の鈴木常司が収集したコレクションと、そのほとんどが初公開となる近年新収蔵した作品を合わせて紹介します。

【9日】「アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで」 (ふくやま美術館)

【9日】「イスラエル博物館所蔵 ピカソ ― ひらめきの原点 ―」 (パナソニック汐留美術館)

【12日】「伝教大師1200年大遠忌記念 特別展 最澄と天台宗のすべて」 (京都国立博物館)

東博、九博に続く「伝教大師1200年大遠忌記念 特別展 最澄と天台宗のすべて」が12日に京都国立博物館で開幕します。

北斎

人気の葛飾北斎。4月は、九州国立博物館とサントリー美術館、太田記念美術館でそれぞれ開かれます。

【16日】「特別展 北斎」(九州国立博物館)

【16日】「大英博物館 北斎ー国内の肉筆画の名品とともにー」(サントリー美術館)

【23日】「北斎とライバルたち」(太田記念美術館)

【16日】「アベンジャーズ展」(森アーツセンターギャラリー)

日本初上陸のアベンジャーズ展が、東京会場の森アーツセンターギャラリー(六本木)では16日から開催されます。チケットは2日から販売開始。

【20日】「羽生結弦展2022」(日本橋高島屋S.C.)

「羽生結弦展2022」が日本橋高島屋S.C.で20日から5月9日まで。その後、全国を巡回します。

【22日】「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」(東京都美術館)

世界でも指折りの西洋絵画コレクションを紹介する「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」展が22日、東京都美術館(上野)で開幕します。

【23日】「鈴木敏夫とジブリ展」(京都文化博物館)


【23日】「建物公開2022 アール・デコの貴重書」(東京都庭園美術館)

恒例の建物公開です。

【28日】「ゴールデンカムイ展」(東京ドームシティ Galleryギャラリー AaMo)

「ゴールデンカムイ展」が、東京ドームシティ Galleryギャラリー AaMo(アーモ)(東京都文京区)で28日から始まります。

【29日】「ボテロ展 ふくよかな魔法」(Bunkamura ザ・ミュージアム)

コロンビア出身の美術家ボテロ。人物も動物も、楽器や日用品さえもが膨らんでいるその作品の世界を堪能できます。日本では26年ぶりの大規模絵画展「ボテロ展」は29日からBunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)で。


*随時更新します


(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

直前の記事

「笑えない」を笑う、江戸のジャーナリストたち 吉例浮世絵大公開! 江戸の滑稽 ―幕末風刺画と大津絵― ~田河水泡コレクションを中心に~ 小説家・永井紗耶子さん

時に広く庶民に時事問題を分かりやすく知らせ、巧みに権力者を批判することもあった江戸時代の絵師たち。自らも記者経験のある小説家・永井紗耶子さんが、風刺画の展覧会に寄せて、「ジャーナリストとしての絵師」という視点で作品を解説

続きを読む
新着情報一覧へ戻る