【プレビュー】千年の古都に生き、惹かれ 「やっぱり京都が好き 〜栖鳳、松園ら京を愛した画家たち」展 福田美術館で4月23日開幕

やっぱり京都が好き 〜栖鳳、松園ら京を愛した画家たち
会場:福田美術館(京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16)
会期:2022年4月23日(土)~7月3日(日)
休館日:火曜休館、ゴールデンウィークは休まず開館し、5月10、11日が休館
アクセス:JR山陰線嵯峨嵐山駅から徒歩12分、阪急嵐山線嵐山駅から徒歩11分、京福電鉄嵐山駅から徒歩4分
入館料:一般・大学生1300円、高校生700円、小・中学生400円、障害者と介添え人1人700円、幼児無料。
※最新情報は、同館HP(https://fukuda-art-museum.jp/)で確認を。

今も昔も多くの芸術家が愛してやまない京都。 福田美術館が立地する嵐山は1000年以上前から天皇や貴族が好んだ景勝地であり「小倉山峰のもみぢ葉心あらば」と百人一首に詠まれているように、紅葉の名所とされてきた。江戸時代になると多くの桜が植えられ、花見客でにぎわい、京都の市中に住む円山応挙なども、写生をするため度々この地に足を運んだ。

円山応挙「巌頭飛雁図」福田美術館蔵(前期展示)

明治以降は京都画壇の主力メンバーである竹内栖鳳、川村曼舟、冨田渓仙らが嵐山にアトリエを構え、多くの画家が集まる。中には京都の景色を愛した東京画壇の重鎮、横山大観なども含まれていた。本展では円山応挙や竹内栖鳳、上村松園など、近世から近代の京都画壇の作品を中心に、京都にゆかりの絵画も展示する。

竹内栖鳳「金獅子図」福田美術館蔵(前期展示)

第一章「京都に生きる、京都に集う」では、京都ゆかりの画家たちの作品を中心に紹介。京都の亀岡に生まれた円山応挙は、市内に移ってからは伊藤若冲も居を構える四条通界隈で活躍した。常に新しい画風の確立に挑んだ近世京都画壇の取り組みは脈々と受け継がれ、明治時代に入ると西洋画や俳画をも作品に取り込もうとした竹内栖鳳や、女性として日本で最初の職業画家となった上村松園を輩出した。

上村松園「しぐれ」福田美術館蔵(前期展示)

第二章は「京を旅する」。今も昔も観光地としてメジャーな京都、寺院や芸舞妓とともに豊かな山水の風景も見所の一つ。 第二章では、洛中洛外を描いた屏風作品や、嵐山をはじめとする京都の自然を描いた風景画などを展示する。

下村観山「鳳凰堂」福田美術館蔵(後期展示)

また、「京都人」と呼ばれる住人たちは、普段購入している和菓子が創業200年以上の店のものであったり、子供の頃から参加している近所の催事が文化遺産であったりと、伝統が息づく日常生活を過ごしていた。パノラマギャラリーでは、京都で大切に伝え守られてきたものを題材とした作品とともに、画家とのつながりについて紹介する。

西村五雲「小原女」福田美術館蔵(前期展示)

(読売新聞美術展ナビ編集班)

新着情報をもっと見る