【開幕】 「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」京都市京セラ美術館で5月22日まで

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~
会場:京都市京セラ美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町124)
会期:2022年3月25日(金)~5月22日(日)
開館時間:10:00〜18:00 ※ 入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日 ※ただし5月2日(月)は開館
観覧料:一般 2,000円 高校・大学生1,500円 小・中学生900円
詳しくは公式ホームページ

開幕前日の内覧会を取材しました

3月25日(金)に京都市京セラ美術館で開幕する「日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜」展の内覧会に伺っています。日本で初公開の「戦服将軍俑」、大きい!迫力満点です。196㌢もあります。

秦の始皇帝陵から出土した武人たちの俑、リアルでとても表情豊か。人や動物の姿を写し取り、故人の死後の生活のために地下に収められたのが「俑」。彼らと一緒なら楽しく暮らせそう(^^)このあたり撮影OKです。

こんなに大きくてリアルな俑が作られたのは、わずか15年で崩壊した秦の統一王朝の時代のときだけなのだそうです。前後の春秋戦国時代や漢時代の俑も紹介されていて、こちらはもっと小さくて作りも素朴。始皇帝、死後の世界にどんなイメージを持っていたのかなあ、と想像が膨らみます。




巨大な銅馬車の複製、金色の馬、墓守りの役目という一角双耳獣など貴重な品々がずらり。キングダムコーナーもあります。




グッズがとにかく可愛くてやばいです(^^)予算確保の上、ご来場を。






グッズに加え、展覧会場内外で写真コーナーも充実。楽しい展覧会!オススメします。

「兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜」展は京都市京セラ美術館で5月22日(日)まで。その後、以下のスケジュールで巡回します。

静岡県立美術館 6月18日(土)~8月28日(日)
名古屋市博物館 9月10日(土)~11月6日(日)
上野の森美術館 11月22日(火)~2023年2月5日(日)

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)