【羽生結弦展2022情報】グッズ紹介② Wポケットファイル

「羽生結弦展2022」のグッズ紹介の2回目は、新アイテムの「Wポケットファイル」です。

 グッズを製作した「(株)エス・アンド・エス」によると、2018年の「応援ありがとうございます! 羽生結弦展」では学生の来場者も目立ち、ひとつのファイルに書類を分けて入れられるWポケットファイルは、使いやすいのではないかと、新たにラインナップに加えたそうです。

外側には、それぞれ同じシーズンのショートプログラム(SP)とフリーの写真が配置され、見開くと2枚の写真を同時に楽しむことができます。それぞれの写真はサイズ感が揃えられています。202021年シーズンのファイルは、上半身をアップにした写真を使い、羽生選手の表情や凛々しい視線が際立っています。

見開いた状態

見開いた内側のポケットは、外側の写真を透明のシルエットにして抜いています。紙を挟むとシルエットが引き立ちます。透けた部分から、書類の中身なども確認しやすくなっています。

紙を入れるとシルエットが引き立ちます

Wポケットファイルは全2種類で、販売価格は660円(税込み)です。

グッズは会場のほか、オンラインでも受注販売いたします。4月20日正午からインターネット上で申し込みを受け付ける予定ですが、発送は全会場が終わった後の10月から順次行われます。オンライン販売については、4月中旬に美術展ナビ内で詳しくお伝えする予定です。(「羽生結弦展2022」担当)

※画像は開発中のイメージです。形状やデザインは一部変更になります。


◆羽生結弦展2022のホームページはこちら

新着情報をもっと見る