【開幕】泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展「日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京」5月8日まで

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅰ 日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京
会場:泉屋博古館東京(東京都港区六本木1-5-1)
会期:2022年3月19日〜5月8日(前期4月10日まで)
開館時間:午前11時 ~ 午後6時(入館は午後5時30分まで)
*金曜日は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
休館日:月曜日(3月21日は開館)、3月22日
観覧料金:一般1,000円 高大生600円 中学生以下無料
アクセス:東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅 泉ガーデン1F出口より屋外エスカレーターで徒歩3分、日比谷線「神谷町」駅より徒歩10分 銀座線・南北線「溜池山王」駅より徒歩10分
詳しくは同館のホームページ

開幕前日の内覧会を取材しました

足掛け2年の大規模改修を終え、3月19日(土)から記念展「日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京」が始まる泉屋博古館東京(港区・六本木一丁目)に伺いました。

建物の目の前には桜の木もあります

建物に入り右手のロビー

豪華な住友コレクションから日本画の名品がずらり。木島櫻谷、狩野芳崖、橋本雅邦、上島鳳山など素晴らしい作品ばかりです。

木島櫻谷《柳桜図》大正6年 泉屋博古館東京蔵。かつて大阪の茶臼山にあった住友家本邸に飾られていた。前期展示(4月10日まで)
狩野芳崖《寿老人図》明治10年代前半頃 泉屋博古館東京蔵。芳崖は”狩野派最後の絵師”、お雇い外国人フェノロサと二人三脚で日本絵画の改良に取り組んだ
上島鳳山《十二ヶ月美人》明治42年 泉屋博古館東京蔵。前期展示(4月10日まで)

面の東京 線の京都 点の大阪

3都の特徴を捉え、比較する展示でもあります。それぞれを「面の東京」「線の京都」「点の大阪」と形容しており、とても納得してしまいました。その意味するところは?ぜひ足を運んでお楽しみください。

右から東京、京都、大阪。尾竹国観《人物図》明治36年頃 2021年度に購入。木島櫻谷《唐美人図》大正3年頃 泉屋博古館東京蔵。上島鳳山 《十二ヶ月美人》明治42年 泉屋博古館東京蔵。いずれも前期展示(4月10日まで)

「日本画トライアングル」展は5月8日(日)まで。その後も多彩な記念展が用意されています。

美術展ナビのインスタグラムでも内覧会レポ

 



こちらはいずれも前期展示(4月10日まで)

展示空間などのリニューアルについては下の記事もご覧ください。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志、岡本公樹。写真は許可を得て撮影)

直前の記事

【開幕レビュー】「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」京都文化博物館で4月10日まで 驚きの「奇想」を楽しむ

特別展「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」が4月10日まで京都文化博物館で開催されています。 歌川国芳(1797〜1861年)は、幕末に活躍した浮世絵師です。臨場感溢れる武者絵を次々と生み出したり、作品に風刺を利かせたりと、そ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る