週末いきたい! もうすぐ(3月中に)閉幕する全国の美術展・展覧会

季節の変わり目。3月中に閉幕する全国の美術館の展覧会をまとめて紹介します。見逃したくなかった美術展、リピートしておきたい展覧会などがないかチェックしてみてください。

【13日まで】「体感!日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―」東京国立博物館

【13日まで】「FACE展2022」SOMPO美術館

【13日まで】「上村松園・松篁・淳之三代展」東京富士美術館

【13日まで】「国宝「上杉家文書」の世界Ⅵ 戦国の交渉」米沢市上杉博物館

【21日まで】「最澄と天台宗のすべて」九州国立博物館

【21日まで】「未来へつなぐ陶芸 ―伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館

【25日まで】「ボストン美術館 THE HEROES」森アーツセンターギャラリー

【25日まで】「ミケル・バルセロ展」東京オペラシティ アートギャラリー

【27日まで】「ハリー・ポッターと魔法の歴史」東京ステーションギャラリー

 

【27日まで】「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」奈良国立博物館

【27日まで】「開館40周年記念名品展 第1部」MOA美術館

【27日まで】「よみがえる正倉院宝物―再現模造にみる天平の技―」サントリー美術館

 

【27日まで】「平等院鳳凰堂と浄土院 その美と信仰」静岡市美術館

【30日まで】「ロニ・ホーン:水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?」ポーラ美術館

【31日まで】「徳川一門 ―将軍家をささえたひとびと―」江戸東京博物館


(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)
あわせて読みたい

直前の記事

【新刊BOOKS】紬織の人間国宝、初の本格的な評伝『志村ふくみ 染めと織り』(求龍堂)

書名:「美」の人物伝シリーズ『志村ふくみ 染めと織り』 著者:志村ふくみ    古沢由紀子(読売新聞東京本社編集委員、聞き書きと評伝) 発行:株式会社求龍堂(書籍および電子書籍を同内容で刊行) 本体価格:3000円+税

続きを読む
新着情報一覧へ戻る