【次回のぶら美】豪華絢爛、今年いち押し!「メトロポリタン美術館展」を前編・後編の2回で 3月22日放送

カラヴァッジョの《音楽家たち》の前で

【BS日テレ  ぶらぶら美術・博物館】

★第402回 今年いち押し!「メトロポリタン美術館展」前編
~巨匠の名画で丸わかり!西洋絵画の500年~

★3月22日(火)よる8時放送 番組ホームページ

前・後編の2週にわたってお届けするスペシャル企画です。今年、西洋絵画では最も注目されている展覧会でしょう。国立新美術館で開催中の「メトロポリタン美術館展」です。小木さんも復帰していつもの4人で賑やかに進めます。

ニューヨーク、メトロポリタン美術館のヨーロッパ絵画部門が改装中のため、通常なら門外不出の常設展示作品、いわば「美術館の顔的名画」が65点も大挙来日しました。しかも日本初公開がなんと46点という、もう二度とないのではと言われる千載一遇の大チャンスなのです。

フラ・アンジェリコ《キリストの磔刑》1420-23年頃

テーマは、「西洋絵画の500年」。イタリアで始まったルネサンスから、19世紀のポスト印象派までを網羅。番組では、この500年の全貌を2週にわたって大特集。西洋絵画の流れをいつものようにぶらぶら流にわかりやすく解説。名だたる巨匠の名画をたっぷりとお届けします。

そのライナップは、フラ・アンジェリコに、ラファエロ、ティツィアーノ、クラーナハ、エル・グレコ、カラヴァッジョ、ラ・トゥール、ルーベンス、ベラスケス、レンブラント、フェルメール、クールベ、ゴヤ、マネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホなどなど…教科書級の巨匠名画のオンパレード。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ヴィーナスとアドニス》1550年代
ルカス・クラーハナ(父)《パリスの審判》1528年頃

1週目は、ルネサンスからバロックまでの珠玉のオールドマスター編。滅多に来ない、初期ルネサンスの板絵作品。フラ・アンジェリコとフィリッポ・リッピの歴史的名画で、遠近法や人体表現の変化で写実的になっていく様子をじっくりと鑑賞。さらに、ヴェネツィアの巨匠・ティツィアーノの「ヴィーナスとアドニス」、ドイツの巨匠・クラーナハの「パリスの審判」と、彼らの代名詞的代表作を堪能。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール《女占い師》おそらく1630年代

そして、絵画が劇的な変化を遂げるバロックは、そのきっかけとなったイタリアはカラヴァッジョの名作「音楽家たち」からスタート。彼に影響を受けたフランスはラ・トゥールの「女占い師」。

レンブラント・ファン・レイン《フローラ》1654年頃

そしてスペインの大巨匠、ベラスケスの肖像画に、オランダのレンブラント、晩年の名作「フローラ」まで。息をつかせぬ名画の連発です。

メトロポリタン美術館展ホームページ(https://met.exhn.jp/

国立新美術館(https://www.nact.jp/

★あわせて読みたい

【開幕】「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」 国立新美術館で5月30日まで ラファエロ、フェルメール、モネ、ゴッホ 西洋画の巨匠の大作が一堂に

メトロポリタン美術館展 音声ガイドは佐々木蔵之介さん 「時空を超えた西洋絵画の旅を」

すみっコぐらしとのオリジナルコラボグッズが登場 メトロポリタン美術館展

(読売新聞美術展ナビ編集班)

新着情報をもっと見る