「守一の庭」での企画展――豊島区立熊谷守一美術館で「37周年展」 4月12日開幕

豊島区立熊谷守一美術館の外観

「37周年展」
会場:豊島区立熊谷守一美術館(東京都豊島区千早2-27-6)
会期:2022年4月12日(火)~7月3日(日)
休館日:月曜日(祝日問わず)
アクセス:東京メトロ有楽町線・副都心線要町駅出口1・2から徒歩9分、千川駅出口3から徒歩9分
入館料:一般700円、高校・大学生300円、小・中学生100円、小学生未満無料ほか。
※入館料などの詳細情報はホームページ(http://kumagai-morikazu.jp/)で確認を。
《熊谷守一ポートレート》 撮影年不詳 豊島区立熊谷守一美術館蔵

1880年に岐阜県付知村(現在の中津川市付知町)で生まれた熊谷守一は、1932年から亡くなる1977年まで、東京都豊島区千早に建てた家で暮らした。その旧居に守一の二女・榧が1985年創設したのが、熊谷守一美術館である。2007年に豊島区立となった同館は、5月28日の創立記念日を挟んで毎年、特別企画展を行っており、この展覧会もその一環として行われる。

《蝶》 1957年頃 油彩・紙 熊谷守一つけち記念館蔵

抽象度の高い独特な具象画のスタイル。明確な輪郭線と平滑な色面は、「熊谷様式」といわれる。76歳の時に軽度の脳卒中を起こした後は遠出を控えた守一は、自宅の庭に咲く花や、そこにいるネコやメダカなどの小動物や魚、あるいはアリやカマキリなどの昆虫を題材に、はがき4枚ほどの板に絵を描いていたという。「絵をとおして、守一のものの見方や生き方を、今を生きる人たちにも感じてもらいたい」。守一の二女でもある熊谷榧館長は、ホームページに掲げられた「守一のこと」という一文の中で、こう述べている。

《鯉魚群遊図 (りぎょぐんゆうず)》1960年 油彩・板 熊谷守一つけち記念館蔵

今回の企画展で展示されるのは、その「守一の庭」をモチーフにした作品だ。守一の故郷にある熊谷守一つけち記念館から《蝶》《しゃくなげ》《鯉魚群遊図》など、20点の作品を借り、館の所蔵品・委託品とともに展示する。美術館創立の際には残すことができなかったという「守一の庭」。作品を通じて、その姿を見ることができそうだ。

《しゃくなげ》1973年 油彩・板 熊谷守一つけち記念館蔵

(読売新聞美術展ナビ編集班)

直前の記事

【レビュー】人を元気にする強烈な可愛さ 「上野リチ:ウィーンから来たデザイン・ファンタジー」三菱一号館美術館

「可愛いものを見たら元気になった」 そんな経験はないだろうか。 今や「可愛い」という言葉は何かを形容するのに便利になりすぎて、その使い勝手の良さに、ともすれば陳腐になるような気がして口にするのを躊躇うことがある。 しかし

続きを読む
新着情報一覧へ戻る