「最後の浮世絵師」たちの歩みをたどる 「芳幾・芳年ー国芳門下の2大ライバル」(仮称) 三菱一号館美術館で23年2月開幕

左:月岡芳年《芳年武者旡類 源牛若丸 熊坂長範》浅井コレクション 1874年(明治7年) 右:落合芳幾《東京日日新聞111号》毎日新聞社新屋文庫 1883年(明治16年)

展覧会名:芳幾・芳年ー国芳門下の2大ライバル(仮称)

会期:2023年2月25日(土)~2023年4月9日(日)(予定)

会場:三菱一号館美術館(東京・丸の内)

最新の情報は美術館の公式サイト(https://mimt.jp/

歌川(落合)芳幾(1833ー1904)と月岡(大蘇)芳年(1839-1892)は、ともに幕末を代表する浮世絵師、歌川国芳(1798ー1861)の門下。幕末には当時の風潮を反映した残酷な血みどろ絵を競作するなど、良きライバルとして人気を二分しました。

芳幾はその後、発起人としてかかわった「東京日日新聞」(毎日新聞の前身)の新聞錦絵を書くようになります。一方、芳年は国芳から継承した武者絵を展開し、歴史的主題の浮世絵を開拓しました。人生半ばの30歳前後で明治維新を迎えた二人は「最後の浮世絵師」と呼ばれる世代。新しい時代に適応し、また時には抗いつつ、それぞれの画業を生きた二人の歩みを、貴重な浅井コレクションの作品を中心に振り返ります。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

新着情報一覧へ戻る