清方会心の作、《ためさるゝ日》(左幅)が30年ぶりに公開! 「没後50年 鏑木清方展」 3月18日から東京国立近代美術館

鏑木清方《ためさるゝ日》1918(大正7)年 左幅:個人蔵[写真提供:小学館] 右幅:鎌倉市鏑木清方記念美術館 【東京会場の展示期間】 左幅:3月18日~4月17日 右幅:3月18日~4月3日 ⒸNemoto Akio

東京国立近代美術館で3月18日(金)に開幕する「没後50年 鏑木清方展」で、清方自身が「会心の作」と認めた数少ない作品のひとつである《ためさるゝ日》(左幅)が30年ぶりに公開されることが決まった。

鏑木清方《ためさるゝ日》1918(大正7)年
左幅:個人蔵[写真提供:小学館]
【東京会場の展示期間】3月18日~4月17日

《ためさるゝ日》は江戸時代の長崎での踏み絵を題材に、着飾って臨む遊女を描いた作品。1918(大正7年)年に開催された第12回文展に向け、左右対幅の作品として描かれたが、途中で思い直して展覧会には左幅だけが出品された。左幅が公開されるのは1992年の展覧会以来、30年ぶり。左右あわせてのは公開は1982年の展覧会以来、40年ぶりとなる。両作品がそろって展示されるのは3月18日~4月3日の期間。左幅は4月17日まで展示される。

なお、5月27日から7月10日の会期で京都国立近代美術館に巡回する京都展でも、同作品は左右合わせて公開されることになっている。展示期間は決定次第、公式サイト(https://kiyokata2022.jp/)などで案内される。

鏑木清方《ためさるゝ日》1918(大正7)年 右幅:鎌倉市鏑木清方記念美術館 【東京会場の展示期間】3月18日~4月3日 ⒸNemoto Akio

非常に貴重な「会心の作」の紹介

清方が残した制作控帳によると、《ためさるゝ日》は「会心の作」だった。制作控帳はいつ、何を描いたかの記録で、清方の場合は大正時代後半を中心に4冊がのこっており、1918(大正7)年1月から1925(大正14)年12月までの作品には3段階の自己採点がついていた。自己採点のあった約500点のうち、「会心の作」はたった16点。そのほとんどが現在は所在不明。

今回の出品作品中、自己採点のついた作品は23点あり、そのうち「会心の作」は《遊女》(1918年、横浜美術館)、《春の夜のうらみ》(1922年、新潟県立近代美術館・新潟県立万代島美術館)と、《ためさるゝ日》の3点だけ。本展ではその23点について、「会心の作」には(☆☆☆)、「やや会心の作」には(☆☆)、「まあまあ」には(☆)と、自己採点を☆の数でキャプションに添えて紹介する。

《ためさるゝ日》に関する清方のことば

清方は自著の随筆『続こしかたの記』(中央公論美術出版、1967年9月)で、次のように語っている。

「なんのキッカケからか、切支丹宗門改めの絵踏を画いて見たくなった。その題材はすでに小林(古径)さんが第一回院展に取り上げられたが、私の興味は、長崎の年中行事になっている、一月十五日の遊女の絵踏にあった。制作当時対幅で、絵踏の順番を待つ遊女二人を描いたものは、出品直前、自分にも思ふところがあり、友人の忠告もあって取り止めた。それは主題の散漫になるのを気づかってのことであった。」

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

没後50年 鏑木清方展
会場:東京国立近代美術館(東京・竹橋)
会期:2022318()58()
休館日:月曜(321日、28日、52日は開館)322()
開館時間:午前9時30分~午後5時(金曜・土曜は午後8時まで開館)*入館は閉館の30分前まで
アクセス:東京メトロ東西線竹橋駅より徒歩3分
観覧料:一般1,800円 大学生1,200円 高校生700円 中学生以下無料
詳しくは公式サイト

直前の記事

【開幕】美と生と死の世界に没入 国内初の大規模個展「ダミアン・ハースト 桜」 国立新美術館で5月23日まで

イギリス現代アートの代表的存在、ダミアン・ハースト(1965~)の日本国内初の大規模個展です。最新作の<桜>シリーズを紹介する注目の展覧会です。 「ダミアン・ハースト 桜」 会場:国立新美術館 企画展示室2E 会期:20

続きを読む
新着情報一覧へ戻る