静岡県立美術館、改修を終えて4月から「再始動」 22年度は大展示室展、兵馬俑と古代中国、鴻池朋子展など開催

横山大観《群青富士》(右隻)静岡県立美術館蔵

静岡県立美術館(静岡市駿河区)は約半年間の改修工事を終え、2022年4月に「再始動」する。22年度には「兵馬俑と古代中国」展や、鴻池朋子展(仮)など注目の展覧会が相次いで開催される。主なスケジュールを紹介する。

大展示室展

会期:2022年4月2日(土)~5月15日(日)

移動壁を動かした展示室

作品を展示するための「ハコ」である美術館の展示室には、安全に、かつ快適に作品を見てもらうために、様々な工夫が施されている。展示室の様々な機能を一挙に紹介し、裏方の姿を披露する。

兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

会期:2022年6月18日(土)~8月28日(日)

日中国交正常化50周年記念展。一級文物(最高級の文化財であることを示す中国独自の区分)24点を含む約200点により、秦王朝の遺産を核とする中国古代文明の真髄を紹介する。約半数が日本初公開作品。

《跪射武士俑》統一秦 秦始皇帝陵博物院

絶景を描くー江戸時代の風景表現ー

会期:2022年9月10日(土)~10月23日(日)

原在正《富士山図巻》第10巻(部分)個人蔵

同美術館と個人のコレクションから、富士山をはじめとする日本各地の風景を描いた江戸時代の絵画を中心に展示する。多様な表現を比較しながら、絶景をめぐる旅情を絵で味わう。

鴻池朋子展(仮)

会期:2022年11月23日(木・祝)~23年1月9日(月・祝)

円形襖と滑り台 個展『ちゅうがえり』アーティゾン美術館展示風景 2020

いま、最も勢いのあるアーティストのひとり、鴻池朋子(1960年生まれ)。過去作と新作、さらに同美術館のコレクションをトータルインスタレーションで織り交ぜながら、新たな鑑賞体験を提案する。

近代の誘惑ー日本画の実践

会期:2023年2月18日(土)~3月26日(日)

横山大観《群青富士》(右隻)静岡県立美術館蔵

同美術館のコレクションを中心に、明治以降に描かれた日本画を集中的に紹介。同館を代表する作品から隠れた名品まで、近代日本画の成果を展示する。

デジタルアーカイブも公開

https://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/archive/

同美術館の収蔵品を情報を一挙に充実させ、4月1日(金)にスタート。これに合わせてオーギュスト・ロダン《地獄の門》の3Dモデルと、池大雅《蘭亭曲水・龍山勝会図屏風》(国指定重要文化財)の超高細密画像をウェブ上に公開する。

オーギュスト・ロダン《地獄の門》の3Dモデル画像サンプル

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【プレビュー】「日本のリアル」の行方を探る――「市制90周年記念 リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと」 平塚市美術館で4月9日から

  「市制90周年記念 リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと」 会場:平塚市美術館(神奈川県平塚市西八幡1-3-3) 会期:2022年4月9日(土)~6月5日(日) 休館日:月曜日 アク

続きを読む
新着情報一覧へ戻る