ポンペイ展、開館時間を延長 3月4日から金・土・日・祝日は18時まで 東京国立博物館で4月3日まで

ポンペイ展の会場(東京国立博物館)

東京国立博物館(上野)で開催中の特別展「ポンペイ」は、3月以降の金・土・日・祝日について、開館時間を延長することになりました。現在、17時(最終入場は16時30分)までだった開館時間を1時間繰り下げて18時(最終入場は17時30分)とします。

同展の会期は4月3日(日)まで。開館時間が延長されるのは以下の日です。

<3月>

4日(金)、5日(土)、6日(日)、11日(金)、12日(土)、13日(日)、18日(金)、19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)、25日(金)、26日(土)、27日(日)

<4月>

1日(金)、2日(土)、3日(日)

同展では事前予約(日時指定券)を推奨しています。上記の開館延長日では、16時30分~17時30分の日時指定枠が追加になります。詳しくは展覧会公式サイト(https://pompeii2022.jp/)をご覧ください。

(読売新聞美術展ナビ編集班)

◇あわせて読みたい

【開幕】「ポンペイ展」東京国立博物館で4月3日まで 火山灰の中に残されたローマ時代のモザイク画や彫刻の名品の数々


【プレビュー】2000年前に繁栄した都市、そこにいた人たち 特別展「ポンペイ」

新着情報をもっと見る