【開幕】「貝殻旅行―三岸好太郎・節子展―」一宮市三岸節子記念美術館で4月10日まで

特別展「貝殻旅行―三岸好太郎・節子展―」
会場:一宮市三岸節子記念美術館
(愛知県一宮市小信中島字郷南3147-1)
会期:2022年2月19日~4月10日
観覧料金:当日一般1,000円 高校・大学生:500円 中学生以下:無料
休館日:月曜日(3月21日は開館)、2月24日、3月22日
詳細は館の公式ホームページ

100年前に出逢った二人

「貝殼旅行 一三岸好太郎・節子展一」が愛知県の一宮市三岸節子記念美術館で 2月19日から4月10日まで開催されています。ちょうど100年前の大正11年(1922年)に、北海道と愛知から美術の道を目指して上京した若い2人が出逢いました。節子はまさに「モガ」(モダンガール)でした。
下の写真の左の絵は好太郎による結婚前の節子、右は自画像。

【左】三岸好太郎《赤い肩かけの婦人像》1924年 北海道立三岸好太郎美術館蔵 【右】三岸節子《自画像》1925年 一宮市三岸節子記念美術館蔵

急逝した天才と努力の人

1934年に31歳で急逝した「天才」三岸好太郎と1999年に94歳で亡くなった「努力の人」三岸節子。本展では、同じモチーフやそれぞれ亡くなる前の作品を並べて見比べることができます。

【上】三岸好太郎《冬の崖》1925年 高輪画廊蔵 【右】三岸節子《風景》1920年代 一宮市三岸節子記念美術館蔵
【左】三岸好太郎《白百合》1932年 北海道立三岸好太郎美術館寄託(個人蔵) 【右】三岸節子《花・果実》1932年 一宮市三岸節子記念美術館蔵
【右】三岸好太郎《金魚》1933年 北海道立三岸好太郎美術館寄託(個人蔵) 【左】三岸節子《室内》1936年 東海テレビ放送株式会社蔵
【左】三岸好太郎《のんびり貝》1934年 北海道立三岸好太郎美術館蔵 【右】三岸節子《さいたさいたさくらがさいた》1998年 一宮市三岸節子記念美術館蔵。この2点は撮影可です

担当の同館学芸員・長岡昌夫さんによると、節子本人が「天才」好太郎と一緒に並び比べられるのをいやがり、夫婦展が実現したのは、87歳のとき(1992年)だったそうです。しかし、節子の生涯を通じてすてきな作品がたくさんあり、すっかり魅了されました。

三岸節子《静物(金魚)》1950年 東京国立近代美術館蔵
【右】三岸節子《飛ぶ鳥(火の山にて》1962年 一宮市三岸節子記念美術館蔵 【左】三岸節子《太陽》1964年 高輪画廊蔵

とくに「セツコレッド」と高く評価された赤の色づかいには圧倒されました。

【左】三岸節子《グアディスの家》1988年 豊橋市美術博物館蔵【右】三岸節子《アルカディアの赤い屋根(ガヂスにて)》1988年 一宮市三岸節子記念美術館蔵
三岸節子《花》1989年 一宮市三岸節子記念美術館蔵

一方、渡欧経験がないにも関わらず約16年の画業で数年ごとに当時の最新のスタイルを取り入れた好太郎の「天才」ぶりも楽しめます。

【右から】三岸好太郎《少年道化》1929年 東京国立近代美術館蔵。三岸好太郎《面の男》1928年 北海道立三岸好太郎美術館蔵。三岸好太郎《道化》1930-31年頃 北海道立三岸好太郎美術館蔵
三岸好太郎《乳首》1932年 北海道立三岸好太郎美術館蔵
【左】三岸好太郎《海洋を渡る蝶》1934年 平塚市美術館寄託(国際興行コレクション)【右】三岸好太郎《海と射光》1934年 福岡市美術館

常設展やショップも充実

全国巡回展(ほかはすでに終了)ですが出身地の一宮市三岸節子記念美術館ならではの豊富な節子の作品やモチーフとなった埴輪などが並ぶ常設展(コレクション展)も必見です!

常設展(コレクション展)の会場

グッズもスゴイです。



(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

一宮市三岸節子記念美術館HP

直前の記事

【開幕】「ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」名古屋市美術館で4月10日まで 東京・福岡に続き最後の巡回

〈糸杉〉最後の傑作が16年ぶりに来日。フィンセント・ファン・ゴッホ(1853―1890)の初期の素描から南仏時代の油彩画まで計52点からその画業を紹介する「ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」が2月23日(水)

続きを読む
新着情報一覧へ戻る