【レビュー】江戸でバズった「流行神」――「信じるココロ」展 太田記念美術館

「信じるココロ」展
会場:太田記念美術館(東京都渋谷区神宮前1-10-10)
会期:2022年2月4日(金)~2月27日(日)
アクセス:JR山手線原宿駅から徒歩5分、東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前駅から徒歩3分)
入館料:一般800円、高校生・大学生600円、中学生以下無料
※最新情報は、公式HP(http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/)で確認を

1849(嘉永2)年、江戸は「流行神」の当たり年だったようだ。「流行神」というのは、なぜかわからないけど、急激に信仰が盛んになる神仏のことである。今風に言えば、「バズった神様、仏様」だ。21世紀の今でも「バズる」期間は意外と短いものだけど、「流行神」の盛りも短かったようだ。「信じるココロ」と題された今回の展示は、1849年に流行った3つの流行神の中で、「お竹如来」と「奪衣婆」を扱った作品から始まる。

歌川国芳「於竹大日如来 一切衆生もろもろの願をかける」

「お竹如来」は、17世紀にいた「お竹」という女性をまつったものだ。お竹は大変に品行がよかったため「大日如来の化身」と言われ、やがて「天に昇った」そうである。出羽国(現在の山形県)の羽黒山の黄金堂に納められた等身大の大日如来が、江戸で何度か「出開帳」されたそうで、嘉永2年もその「出開帳」があった年だった。「奪衣婆」は三途の川のほとりで亡者の衣服をはぎ取るお婆さん。ちなみに「流行神」のもう一つは、東京・日本橋にあった「翁稲荷」だったそうだ。羽黒山から「出張」してきた仏様、江戸の中心部から日帰り距離の新宿にいらっしゃる閻魔様の部下、町中にあるおキツネさま……なかなかバラエティーに富んだ顔ぶれなのである。

歌川国芳「奪衣婆の願かけ」

嘉永2年といえば、江戸の文化も爛熟しているころだ。ちなみにペリーがやってきたのが嘉永6年で、そこからは政治的な混乱は始まるは、地震はあるは、で大変な時代になっていくのだが。ペリー来航直後に「泰平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で夜も眠れず」と詠まれたぐらいなのだから、地方はともかくそれまでの江戸の人々は「泰平」ではあったのだろう。そういう時代だからこそ、「流行神」のような社会現象が起き、バズったのだろう。

三代歌川国輝「本所七不思議内 置行堀」

「噺家は世情のアラで飯を食い」という川柳があるが、浮世絵もまた、「世情のアラで」飯を食っていた。一枚20文程度、というお値段だから、現在でいえば500円くらい。雑誌感覚でお求めいただけるものだったわけである。流行神みたいな社会現象、「本所七不思議」のような「街のうわさ」……、お伊勢参りのような社会風俗からなまず絵などに込められた政治への皮肉、疫病退散などの願望まで、庶民が関心を持つありとあらゆる事象がそこには込められている。今回の展示のモチーフは「民間信仰」「迷信」「噂」などだが、なるほどそこには「世情のアラ」が詰まっていると思ったりもする。

歌川芳藤「麻疹退治戯の図」

これらの作品を描いているのは、歌川国芳とその一門が中心だ。武者絵で知られる国芳だが、社会風俗を斜めに切った絵を描くのも好きだったようで、そういう師匠だからこそ、こういう弟子も育ったのだろう。浮世絵の「世情のアラ」精神は、明治時代になると新聞錦絵などに受け継がれていくが、そこで活躍した落合芳幾や月岡芳年は、いずれも国芳門下だったのである。絵と文で見る、今でいえば写真週刊誌のようなゴシップとニュースがないまぜになった江戸のメディア。今回の「信じるココロ」からは、そういう浮世絵の一面がはっきりと見えてくるのである。(事業局専門委員 田中聡)

新着情報をもっと見る