【次回のぶら美】北条氏ゆかりの地で奈良・春日大社のお宝を拝見「春日神霊の旅ー杉本博司 常陸から大和へ」展 神奈川県立金沢文庫 BS日テレで2月22日放送

【BS日テレ ぶらぶら美術・博物館】

★第400回  神奈川県立金沢文庫「春日神霊の旅―杉本博司 常陸から大和へ」

~北条氏ゆかりの地で奈良・春日大社のお宝を~

★2月22日(火)よる8時放送 番組ホームページ

今回は、山田五郎さんと高橋マリ子さんの二人で案内です。まず、横浜市金沢区の住宅街の一角にある「カフェ金澤園」へ。明治時代の建築で、国の登録有形文化財にも指定されている建物を、2020年にカフェとしてリニューアルオープン。当時の姿で残された名建築を拝見します。

続いて、大河ドラマで話題の北条氏ゆかりの地、称名寺を歩き、向かったのは、北条氏の蔵書が元になった博物館である神奈川県立金沢文庫です。今こちらで開催されているのが「春日神霊の旅―杉本博司 常陸から大和へ」。

奈良・春日大社ゆかりのお宝が集結した豪華な展覧会。企画立案者は、世界的に有名な写真家で現代美術作家の杉本博司さんです。古美術収集家としても知られる杉本さんが、春日信仰に関する曼荼羅やを数多く収集していることから、それらが一堂に会する展覧会が開催されることになりました。

30年以上前に、当時の年収の半分をつぎ込んで購入した鹿曼荼羅や、発見当時は専門家を騒がせたという唯一無二の曼荼羅も登場。収集の遍歴もたっぷり伺います。

中には、春日作品の鹿と自分の作品とを組み合わせた“杉本ワールド”全開な作品もあります。神仏習合の思想により発展していった春日大社。作品を見ていくと、神と仏、そして自然を敬い共生する、古来より受け継がれた日本人の心が読み取れます。杉本さんも魅了された春日信仰、その根源に迫ります。

◇あわせて読みたい

特別展 春日神霊の旅ー杉本博司 常陸から大和へ

芸術新潮の1月号は「杉本博司と日本の神々」特集

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

新着情報をもっと見る