「ゴールデンカムイ展」の描きおろしキービジュアル、展示の見どころ、チケット情報など公開 東京ドームシティ Gallery AaMoで4月28日開幕

「ゴールデンカムイ展」キービジュアル

明治末期の北海道・樺太を舞台に豊かなアイヌの文化と想像力あふれる歴史絵巻、そしてダイナミックな冒険活劇を重層的に描き、国際的にも高い評価を受ける漫画作品の魅力を紹介する「ゴールデンカムイ展」が、東京ドームシティ  Galleryギャラリー AaMoアーモ(東京都文京区)で4月28日(木)から6月26日(日)の日程で開催されます。


開幕に先立ち、このほど解禁されたキービジュアル、見どころ、チケット情報、グッズなどの情報を紹介します。「手塚治虫文化賞」マンガ大賞などを受賞、2019年に大英博物館で開催された「The Citi exhibition マンガ」展ではキービジュアルにも選ばれた『ゴールデンカムイ』。国内外で注目されるその作品の全容をリアルな展示で体感できる注目の展覧会です。

<描きおろしイラスト&キービジュアル>

著者の野田サトル氏が本展のために描きおろした杉元佐一とアシパのイラストを使用したキービジュアルが公開されました。躍動感あふれる主人公・杉元佐 一とアイヌの少女アシパに加え、開幕時には作中の人気キャラクターが登場し、展覧会を盛り上げます。

著者・野田サトル氏が本展のために描きおろした杉元佐 一とアシパのイラストを使用したキービジュアル。©野田サトル/集英社

<各ゾーンの展示のみどころを紹介>

※本展覧会はコミックス既刊以降の物語も展示します。アニメ化されていないストーリーも含まれますので、あらかじめご了承のうえ、ご来場ください。
作品のクライマックスとなる名場面を展示した各ゾーンのイメージ画像も公開されました。想像力をかきたてるリアルな再現で、刺激的な体験となりそうです。

【第1ゾーン 金塊争奪戦の開幕】

Ⓒ野田サトル/集英社 ※画像はイメージです。

金塊争奪戦に参戦した主要キャラクターが一堂に集結。 その肖像を写すグラフィックや名シーンの数々、モデルとなった実物資料を展示します。

【第2ゾーン 24人の刺青囚人】

Ⓒ野田サトル/集英社 ※画像はイメージです。

金塊の在り処を示し、ストーリーのカギを握る暗号の刺青。その刺青が彫られた24 人の囚人たちを、網走監獄内をイメージした空間で紹介します。

【第3ゾーン 命を繋ぐものたち】

Ⓒ野田サトル/集英社 ※画像はイメージです。

北の大地に息づく暮らし、食事、歴史背景。金塊を巡る旅の中で登場した多様な文化を資料と一緒に紹介します。生命の彩りあふれるゾーンです。

【第4ゾーン それぞれの役目】

Ⓒ野田サトル/集英社 ※画像はイメージです。

ダイナミックな戦闘シーンも大きな見どころのひとつ。作中での大きな戦い3つを、時系列順に並べられたイラストで追います。

【第5ゾーン 黄金色名画廊】

Ⓒ野田サトル/集英社 ※画像はイメージです。

物語の始まりから今までを飾ったカラーイラストたち。厳選された 50 点以上ものイラストが様々なサイズで縦横無尽に並び、壁一面を色鮮やかに覆います。

<創作の源泉となった資料も多数展示>

この展示内容は特に注目でしょう。作中に登場した様々なもののモデルとなった資料などが紹介されます。各地の博物館から貸出された民具資料も多数展示されます。

「杉元佐一の軍帽」野田サトル氏所蔵 ※作中に登場したもののモデルとなった資料。
『アシパのマキリ』野田サトル氏所蔵 ※作中に登場したもののモデルとなった資料。
『鶴見篤四郎の軍服』野田サトル氏所蔵 ※作中に登場したもののモデルとなった資料。

<チケット情報>

販売は2月26日(土)午前10時から。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ゴールデンウィーク期間(4月28日~5月8日)、および土曜、日曜、祝日は「日時指定制」のチケットとなります。なお5月9日以降の平日は「平日券」をお買い求めください。

券種/料金(※すべて税込)

日時指定券、平日券ともに一般・大学生1800円、中学・高校生1500円、小学生1000円、グッズ付き4000円

販売場所 イープラス

購入方法:イープラス内特設ページ(https://eplus.jp/goldenkamuy-ex/

お問い合わせ:https://eplus.jp/goldenkamuy-qa/

<グッズ付きチケット特典(数量限定) アクリル万年カレンダー>

グッズ付きチケットの特典は『ゴールデンカムイ』のキャラクターがてんこ盛りのアクリル万年カレンダーです。日付を動かして調整すれば、半永久的に使えます。卓上タイプで、自宅や仕事場のデスクに合います。

Ⓒ野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです。

<来場者特典>

来場された方に、曜日替わりで野田サトル氏描きおろしのミニ色紙を渡します。皆さんは何曜日をご所望ですか。私は木曜一択です(笑)

月曜日は鯉登音之進 ©野田サトル/集英社
火曜日は鶴見篤四郎 ©野田サトル/集英社
水曜日は月島基 ©野田サトル/集英社
木曜日は白石由竹 ©野田サトル/集英社
金曜日は尾形百之助 ©野田サトル/集英社
土曜日はアシパ ©野田サトル/集英社
日曜日は杉元佐一&アシパ ©野田サトル/集英社

来場者特典はチケットの枚数分をお渡しします。

<鶴見中尉&脱獄王 白石由竹ナイト開催>

会期中の毎週火曜日と木曜日の17時以降に来場した方には、キャラクターのお面をプレゼントします。お面をつけて鑑賞すれば、さらに楽しめるかも?

▶鶴見中尉ナイト

会期中の毎週火曜日17時以降に来場の方には鶴見中尉、または鯉登少尉のお面をランダムでプレゼントします。

鶴見中尉のお面 ©野田サトル/集英社 ※画像はイメージです。
鯉登少尉のお面 ©野田サトル/集英社 ※画像はイメージです。

▶脱獄王 白石由竹ナイト

会期中の毎週木曜日17時以降に来場の方には”脱獄王 白石”のお面をプレゼントします。

”脱獄王 白石”のお面 ©野田サトル/集英社 ※画像はイメージです。

<オリジナルグッズの一部も紹介>

こちらの情報が一番知りたい、という方も多いかと。

のるキャラマスコット® 

全6種 各1000円(税込)。杉元たちがころっとしたぬいぐるみに。重ねるとさらに可愛さアップです。

杉元佐一 ©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです。
アシパ ©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです。
谷垣源次郎 ©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです。
尾形百之助 ©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです。
鯉登音之進 ©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです。
月島基 ©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです。

ショッピングバッグ

800円(税込)。荷物がたっぷり入る大き目のサイズ。購入したグッズを入れて持ち帰れます。

©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです

図鑑風手帳型マルチポーチ

2200円(税込)。姉畑支遁が愛してやまない北の大地の動物たちを図鑑風デザインに。

※表面 ©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです
※中面 ©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです

ベロア刺繍ポーチ

2420円(税込)。アシパのマタンプがモチーフのポーチ。毛皮をイメージしたジッパータブ付き。

©野田サトル/集英社 ※画像は開発サンプルです

 

『ゴールデンカムイ』とは

時代は激動の明治末期。日露戦争という死線を潜り抜けた元兵士・杉元は、想いを寄せた人のために大金を欲していた。一攫千金を目指しゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れた杉元を待っていたのは、網走監獄の死刑囚が隠した莫大な埋蔵金への手掛かりだった。純真無垢なアイヌの少女、アシパと出会った杉元はともに黄金を求めて旅をするが・・・。TVアニメ第3期まで放送、第4期も制作決定。

作者プロフィール

野田サトル(のだ・さとる) 北海道北広島出身。2003年デビュー。2011年から2012年にかけて「週刊ヤングジャンプ」で『スピナマラダ!』(全6巻)を連載。2014年より同誌で連載中の『ゴールデンカムイ』は最新コミックス28巻でシリーズ累計発行部数1800万部超。(※2021年12月時点)

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

ゴールデンカムイ展
会期:2022年4月28日(木)~6月26日(日)※会期中無休
会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
開館時間:11:00~20:00(最終入館は閉館30分前)
入場料:一般・大学生1,800円 中学・高校生1,500円 小学生1,000円 グッズ付き4,000円
4月28日~5月8日および土日祝日は日時指定券、5月9日以降の平日は平日券
公式サイトはこちら
公式Twitterはこちら
お問い合わせ:東京ドームシティ わくわくダイヤル: 03-5800-9999
(受付時間 平日・土日・祝日ともに10:00~17:00)

直前の記事

新着情報一覧へ戻る