週末いきたい!2月22日は猫の日!ネコが見られる美術展・展覧会

毎年2月22日は「にゃん、にゃん、にゃん」で#猫の日。今年は2022年2月22日なので「にゃん(にゃー)」が6回もあり、「スーパー猫の日」とも呼ばれています。猫の絵などを楽しめる全国の美術館や展覧会を紹介します。
とくに京都の福田美術館では、「ねこ様用顔はめチラシ」が話題です。ホームページからダウンロードもできます。

シップス・キャット(ミューズ)大阪中之島美術館

2月2日(にゃんにゃんですね)に開館した大阪中之島美術館。建物の外側には宇宙服を着た猫、ヤノベケンジ《シップス・キャット(ミューズ)》が守り神のように立っています。

ヤノベケンジ《シップス・キャット(ミューズ)》

【2月2日オープン】大阪中之島美術館の開館記念「Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり― 」

岩合光昭写真展「こねこ」 日本橋三越本店

岩合光昭写真展「こねこ」が日本橋三越本店(東京)で2月16日に開幕しました。2月28日まで。おなじみ岩合先生の作品から愛らしく、元気いっぱいこ子猫のショットなど約150点を紹介します。
【プレビュー】岩合光昭写真展「こねこ」 2月16日開幕、日本橋三越本店で

猫ピッチャー展 読売新聞ビル(東京・大手町)

読売新聞日曜版に連載中の人気漫画「猫ピッチャー」の展覧会が、東京・大手町の読売新聞ビル3階にあるよみうりギャラリーで開催されています。入場は無料です。2月26日まで、日曜・祝日は、お休みです。

2022年2月22日の「猫の日」を記念 猫ピッチャー展 読売新聞ビルで2月26日まで

絵本原画ニャー! 猫が歩く絵本の世界 富山県立美術館

絵本に登場する個性あふれる「猫」達にフォーカスした展覧会「絵本原画ニャー! 猫が歩く絵本の世界」が3月6日まで富山県立美術館で開催中です。よく知られる絵本作家から、これからの活躍が期待される若手の絵本作家まで、15組による絵本原画とその資料を約250点を紹介。

「絵本原画ニャー! 猫が歩く絵本の世界(富山展)」

バンクシーって誰?展 グローバルゲート ガレージ名古屋

バンクシーの代表作のひとつ、ガザ地区に描かれた巨大な猫の絵。荒廃する地区の現状をみずに、インターネットで子猫の写真ばかり挙げている人々を批判していると受け止められています。この絵が原寸大で復元されている「バンクシーって誰?展」がグローバルゲート ガレージ名古屋で3月27日まで開かれています。


「バンクシーって誰?展」 作品と一体にストリートを再現 グローバルゲート ガレージ名古屋

トラ時々ネコ 干支セトラ 福田美術館(京都)

円山応挙や竹内栖鳳ら有名画家が描く虎の絵を主役とした展覧会「トラ時々ネコ 干支セトラ」が福田美術館(京都)で開催中(4月10日まで)です。2022年はニャーニャーニャーとも読めることから、猫を描いた絵画も「時々」並ぶ、そうです。
トラ時々ネコ 干支セトラ

メトロポリタン美術館展 国立新美術館(東京)

選りすぐりの西洋名画65点が並ぶ「メトロポリタン美術館展」にも猫がいます。アンニーバレ・カラッチ《猫をからかう二人の子ども》です。お見逃しなく。国立新美術館(六本木)で5月30日まで。
【開幕】「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」国立新美術館で5月30日まで ラファエロ、フェルメール、モネ、ゴッホ 西洋画の巨匠の大作が一堂に


ちなみに、メトロポリタン美術館展に続いて開幕した「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」(東京都美術館)では、犬を描いた絵はフェルメールの作風に影響を与えたという《若い女に窓から鶏を差し出す老婆》や《手を洗う女》、ヤン・ステーンの大作《ハガルの追放》など複数あったのですが、猫は…。見つけたらぜひ教えてください。

どうぶつかいぎ展 PLAY!   MUSEUM(東京・立川)

『エーミールと探偵たち』『飛ぶ教室』『ふたりのロッテ』などの児童文学作品で今も世界的な人気を誇るエーリヒ・ケストナー(1899~1974)の著書、『動物会議』を主題にしたユニークな展覧会が4月10日まで、PLAY!   MUSEUM(東京・立川)で開催されています。たくさんの動物たち、猫もいますよね?

【開幕レビュー】ケストナーの名作のメッセージ アートを通じて大人と子どもが一緒に楽しみ、考える 「どうぶつかいぎ展」PLAY! ⅯUSEUMで4月10日まで

宝石 地球がうみだすキセキ 国立科学博物館

19日に始まった宝石展(上野・国立科学博物館)。ありました「キャッツアイ」。ルビーやダイヤモンドのように単独の石の種類かと思っていましたが、猫の目のような模様がある宝石のことのようで、色々な種類のキャッツアイを鑑賞できます。

キャッツアイ 国立科学博物館蔵

【宝石展開幕】 科学と文化で掘り下げるゴージャスな特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」 国立科学博物館で6月19日まで

おまけ 馬場のぼる展 夏に青森で

にゃごが待ち遠しい。まだ先ですが、11ぴきのねこで知られる漫画家・馬場のぼるの回顧展が7月2日に青森県の八戸市美術館で開かれます。

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

あわせて読みたい

週末いきたい! 続・おうちでも楽しめる美術展・展覧会 岸田劉生や聖林寺十一面観音など

直前の記事

【レビュー】「楳図かずお大美術展」東京シティビュー 27年ぶりの新作の衝撃!回顧展にあらず

「楳図かずお大美術展」が東京・六本木の東京シティビューで3月25日まで開催中です。「ああ、楳図かずおの回顧展か」と思うなかれ。過去作の原画は一切並びません。本展は、代表作である『漂流教室』『わたしは真悟』『14歳』、そし

続きを読む
新着情報一覧へ戻る