2022年2月22日の「猫の日」を記念 猫ピッチャー展 読売新聞ビルで2月26日まで

読売新聞日曜版に連載中の人気漫画「猫ピッチャー」の展覧会が、東京・大手町の読売新聞ビル3階にあるよみうりギャラリーで開催されています。入場は無料です。通勤や移動で都心を通る方、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょう。東京メトロ・都営地下鉄の大手町駅・C3出口に直結。東京駅からも近いです。日曜と祝日はお休みですので、ご注意ください。

「猫ピッチャー」はそにしけんじさんの作。プロ野球初の猫投手・ミー太郎を中心に、チームメートや相手打者など、かわいいキャラクターたちのユーモラスなやり取りを描いた作品です。

例年より「2」が多く重なる今年の猫の日(2月22日)と、コミック13巻の発売(2月9日/中央公論新社)を記念しました。かわいいだけでなく、意外と(?)と本格的な野球マンガなんですよ。

そにしけんじ先生の原画22点やパネル約40点、名刺など限定プレゼントも用意しています。

来場者がカードにミー太郎の表情を自由に描き、ボードに貼っていく「222面相コーナー」もあります。

グッズも充実しています。同じフロアにある「よみうりショップ」で単行本なども含めて扱っています。日曜日と祝日はお休みです。

会場の読売新聞ビル1階には、横山大観の大作、「霊峰富士」(1939年)が展示されています。こちらもお見逃しなく。

<開催要項>

展覧会名:2022年2月22日「猫の日」記念 猫ピッチャー展

会期:2022年2月1日(火)~2月26日(土)※日曜・祝日は休み

会場:読売新聞ビル3階よみうりギャラリー(東京都千代田区大手町1-7-1)

開場時間:月~金曜日 午前10時~午後6時

     土曜日   午前10時~午後5時

(ショップはギャラリー終了の1時間前まで)

※「猫の日」の2月22日(火)はギャラリー、ショップとも午後7時半まで

入場料:無料

猫ピッチャー展について、詳しくはこちら(https://info.yomiuri.co.jp/news/5721.html)をご覧ください。

また読売新聞オンライン内「よみぽランド」で、猫ピッチャーのぬいぐるみなどが当たるプレゼント企画を実施しています。詳しくはこちら(https://yomipo.yomiuri.co.jp/present/detail/5625)で!応募の締め切りは2月28日(月)です。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【開幕レビュー】奇妙でかわいい。ミロと日本の関係とは――Bunkamura ザ・ミュージアムで「ミロ展-日本を夢みて」

「ミロ展-日本を夢みて」 会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F) 会期:2022年2月11日(金・祝)~4月17日(日) 休館日:2月15日、3月22日 アクセス:JR渋谷駅

続きを読む
新着情報一覧へ戻る