特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」 音声ガイドナビゲーターはカズレーザーさん ナレーションは早見沙織さん 国立科学博物館で2月19日開幕

国立科学博物館(東京・上野)で2月19日に開幕する特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」では、公式アンバサダーのカズレーザーさんが音声ガイドのナビゲーターを務めます。また声優の早見沙織さんがナレーションを担当します。

カズレーザーさんは「人間はシンプルなものに美しさを見出す生き物だと思います。ダイヤモンドの構造は炭素原子が等間隔に手をつないだ、究めてシンプルなもの。宝石を美しいと思うのは、人間が本能的に『シンプルさ』を感じていたからでしょう。そして、宝石を複雑で絢爛な形状に加工していったのは、自然に存在する究極の美に対する人間の挑戦だったのだと思います。自然と人間が織りなす美しさの歴史を、一緒に楽しめれば幸いです」とコメントしています。

音声ガイドの貸出料金は一般・大学生600円、高校生以下550円(1台/税込)。

(読売新聞美術展ナビ編集班)

特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」
会場:国立科学博物館
会期:2022年2月19日(土)~6月19日(日)
開館時間:9時~17時(入場は16時30分まで)
入場料:一般・大学生2,000円、小・中・高校生600円
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日休館)※ただし3月28日、5月2日、6月13日は開館
アクセス:東京都台東区上野公園、JR上野駅公園口から徒歩5分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅7番出口から徒歩10分、京成線京成上野駅正面口から徒歩10分
※日時指定予約が必要。当日、博物館で販売する当日券での入場枠もあるが、来場時に待つ場合や予定枚数が終了している場合がある
詳しくは公式サイト(https://hoseki-ten.jp)で確認を

直前の記事

【開幕レビュー】岸田劉生の多彩な画業を収蔵コレクションで振り返る「新収蔵記念:岸田劉生と森村・松方コレクション」京都国立近代美術館で3月6日まで

「新収蔵記念:岸田劉生と森村・松方コレクション」が1月29日(土)から3月6日(日)まで、京都国立近代美術館で開催されています。 2021年3月、同館は、岸田劉生(1891〜1929年)の作品を42点(※)一括収蔵しまし

続きを読む
新着情報一覧へ戻る