【開幕】「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」国立新美術館で5月30日まで ラファエロ、フェルメール、モネ、ゴッホ 西洋画の巨匠の大作が一堂に

会場風景

世界屈指のミュージアム、ニューヨーク・メトロポリタン美術館の豪華なコレクションから、選りすぐりのヨーロッパの名画65点(うち46点は日本初公開)を紹介する「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」が2月9日から国立新美術館(東京・六本木)で始まります。ラファエロ、エル・グレコらから始まり、カラヴァッジョ、レンブラント、フェルメールらを経て、マネ、モネ、ルノワール、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌと続く圧巻のラインナップで西洋絵画の500年をたどります。5月30日まで。

メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年
会期:2022年2月9日(水)~5月30日(月)
会場:国立新美術館(東京・六本木、東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅から徒歩。東京メトロ千代田線「乃木坂」駅から直結)
休館日:火曜日(ただし5月3日は開館)
開館時間:10時~18時(毎週金曜・土曜日は20時まで)※入場は閉館の30分前まで
観覧料:一般2100円、大学生1400円、高校生1000円※事前予約制(日時指定券)
詳しくは展覧会の公式ホームページ

開幕前日の内覧会を取材しました


9日から国立新美術館で始まる「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」の内覧会です。ビッグネームの名作揃いですが、印象的な作品から。数少ない女性画家、マリー・ドニーズ・ヴィレールが1801年に描いた「マリー・ジョゼフィーヌ・シャルロット・デュ・ヴァル・ドーニュ」。ステキです。

マリー・ドニーズ・ヴィレール《マリー・ジョゼフィーヌ・シャルロット・デュ・ヴァル・ドーニュ》1801年 メトロポリタン美術館

このお隣にやはり女性画家のエリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランが1789年に描いた「ラ・シャトル伯爵夫人」。こちらもモデルのキャラクターを感じさせて好きです。

エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《ラ・シャトル伯爵夫人》1789年 メトロポリタン美術館

この後ろには、こちらは男性作家ですがジョシュア・レノルズの「レディ・スミスと子どもたち」(1787年)。みんななんてキュートなんでしょう!この3作をひと部屋にまとめたキュレーションが好きです。来られる方注目ください。テンション上がります(^^)

ジョシュア・レノルズ《レディ・スミスと子どもたち》1787年 メトロポリタン美術館

王道の注目作はもちろん凄いです。画面の圧で、ひと回りするだけでエネルギー吸い取られました。冒頭の「信仰とルネサンス」のコーナーからアンジェリコ、クリヴェッリ、エル・グレコなど豪華絢爛。

フラ・アンジェリコ(本名 グイド・ディ・ピエトロ)《キリストの磔刑》1420-23年頃 メトロポリタン美術館
カルロ・クリヴェッリ《聖母子》1480年頃 メトロポリタン美術館

 

エル・グレコ(本名 ドメニコス・テオトコプーロス)《羊飼いの礼拝》1605-10年頃 メトロポリタン美術館

フェルメールがむしろ控え目に思えるほど。一体、どこまでゴージャスな顔触れなんでしょう(^^)

カラヴァッジョ《音楽家たち》1597年 メトロポリタン美術館
ヨハネス・フェルメール《信仰の寓意》1670−72年頃  メトロポリタン美術館
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール《女占い師》おそらく1630年代 メトロポリタン美術館
ジャン=バティスト・グルーズ《割れた卵》1756年 メトロポリタン美術館

とどめはマネ、ルノワール、ドガ、ゴッホ、ゴーギャン、モネ、セザンヌなど怒濤のフィナーレ。最後までエネルギー残しておくのが肝心です(笑)

エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1890年頃 メトロポリタン美術館
ポール・セザンヌ《リンゴと洋ナシのある静物》1891-92年頃 メトロポリタン美術館
オーギュスト・ルノワール《海辺にて》1883年 メトロポリタン美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲く果樹園》1888年 メトロポリタン美術館

グッズは何と言ってもすみっコぐらしのコラボでしょう。限定商品のてのりぬいぐるみは5種類。1人10個までです。

「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」は国立新美術館(東京・六本木)で5月30日(月)まで。さすが素晴らしいです。
(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

あわせて読みたい

大阪展のレビュー
【開幕レビュー】「メトロポリタン美術館展」初期ルネサンスからポスト印象派まで巨匠の名作65点で西洋絵画史500年をたどる

直前の記事

新着情報一覧へ戻る